長脇差奉行

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸の春。遠山金四郎は舞踊の名手、転徳兵衛の家に居候しながら、西川流家元鯉蔵殺しの背後に眼を光らせていた。この頃貧民救済のため駿河大納言の埋蔵金を探す国定忠治は、上州の忠と名乗って江戸に上り、鯉蔵の手中にある埋蔵金の在所を秘めた印篭を求めていた。西川紫寿弥、加寿美の姉妹から鯉蔵の死をきいた忠治は海賊橋辰五郎の賭場で、謎の印篭を持つ西川家の長兄勇次郎の難儀を救ったが、辰五郎も何者かの指金で印篭を狙っていた。忠治に見せようとした印篭は浪人者の乱入で四散したが謎は西川姉妹の連れ舞に秘めてあると判った。だが姉妹は曲者に誘拐された。忠治は板割の浅太郎らの知らせで、国許に、岩鼻代官に抗する百姓一揆の気配があると知って上州に戻り、金四郎は権次に太十、徳兵衛と娘お景に弦月亭お半の協力を得て、事件解決に乗り出した。事の真相は高崎藩家老稲葉弥左衛門が岩鼻代官松井軍兵衛と結托し、辰五郎や西川家の女中お里らを手先に埋蔵金乗っ取りを策していたのだった。金四郎は一党を引き連れて上州に向い、単身稲葉の邸に乗り込み秘密をあばいてひきあげたが、事件解決を焦る一味は西川姉妹を責め、ついに連れ舞を舞わした。辰五郎の情婦清元十寸女の謎解きは、実は故意に牢入りした徳兵衛の教えた偽りの秘文だった。雀躍りして赤城山へ急行した一味は金四郎の計り事にかかって捕われ、白州へ引き出された。裃姿の金四郎は鋭い審理で一味の罪状をあばき、埋蔵金の真の在り場所を教える紙片を「上州の忠にやってくれ」と日光の円蔵に与えて、さっそうと上州をあとにした。


解説

“傑作倶楽部”に連載された陣出達朗の原作を、「荒獅子判官」の浪江浩が脚色、「警視庁物語 魔の最終列車」の小沢茂弘が監督、「鍔鳴浪人」の三木滋人が撮影をそれぞれ担当した。主な出演者は「剣豪二刀流」の片岡千恵蔵が遠山金四郎と国定忠治の二役を演じる他、「剣豪二刀流」の片岡栄二郎、「水戸黄門漫遊記 怪力類人猿」の千原しのぶ、舞踊の花柳徳兵衛、「白扇 みだれ黒髪」の浦里はるみなど。


配給東映
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年04月11日より



スタッフ

監督
構成
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
片岡千恵蔵遠山金四郎
片岡千恵蔵国定忠治
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)西川勇次郎
千原しのぶ西川紫寿弥
植木千恵西川加寿美
花柳徳兵衛転徳兵衛
前田久美子お景
浦里はるみお半
品治京子お君
杉狂児権次
時田一男太十
高松錦之助村越左内
海江田譲二三ツ木の文蔵
浅野光男板割の浅太郎
山口勇清水の頑鉄
大丸巖太鼓の仁八
河部五郎日光の円蔵
大邦一公弥市
進藤英太郎松井軍兵衛
大文字秀介渋川与兵衛
清川荘司海賊橋の辰五郎
津村礼司お女郎の源太
八汐路恵子清元十寸女
薄田研二稲葉弥左衛門
江原真二郎駿河大納言忠長
加賀邦男宮坂義十郎
吉田義夫麻川伝伍左
明石潮松崎刑部
上代悠司柘植三十郎
堀正夫良海和同
丘さとみお里
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック