旗本退屈男 謎の幽霊島

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

長崎の町は、出島の暗黒街に君臨する怪人物によって支配され、長崎奉行所もこの一派の配下に置かれていた。与力・守谷瀬左衛門はこの権力に反抗、ひそかに江戸へ七人の使者を送って長崎の実情を知らせようとした。しかし六人の使者は斬られ、後の一人の行方も分らなくなった。ようやく幕府も動き始めた。早乙女主水之介は東海道を下った。お供は、主水之介の懐を狙うスリのおりんにその乾分仙太。後を追うのは、幕府大目付望月に主水之介の用人可内である。長崎入りした夜、主水之介は刺客の一団に追われる守谷瀬左衛門の一子・小四郎を救った。が、この時すでに瀬左衛門は殺されていた。主水之介は、藤乃という女中から「出島の紅竜館、伴夢斎」という謎の言葉を囁かれた。主水之介は出島におもむき、紅竜館で伴夢斎と対面した。この席で、危く毒酒を飲まされそうになったが、お酌に出た芳蘭という女の機転で難を逃れた。この芳蘭も、伴夢斎も、唐人の格好をしていたが、日本人であることを主水之介はすでに見抜いていた。主水之介は紅竜館の地下室に潜入した。麻薬にむしばまれた男女がもだえ苦しんでいた。生地獄のような光景だった。倉庫には島津・鍋島・細川家の荷札のついた麻薬の包みが積まれていた。また伴夢斎が密室の中で武将の像に合掌する姿を見た。彼は徳川に亡ぼされた宇喜多秀家の子孫で、密貿易の麻薬を九州の各藩に売りつけ、徳川の治世を混乱させようと狙っていたのである。密貿易最後の船、竜神丸が出島に到着し、麻薬買入れの九州各藩の使者が出島に集った。主水之介はこの機を逃さなかった。小四郎、おりん、仙太らの退屈男一家を総動員、伴夢斎一味を倒した。


解説

正月恒例の旗本退屈男シリーズの一編で、佐々木味津三の原作を、「血太郎ひとり雲」の結束信二が脚色し、「血槍無双」の佐々木康が監督した娯楽時代劇。撮影は「江戸の悪太郎」の伊藤武夫。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1960年01月09日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門早乙女主水之介
北大路欣也 (Kinya Kitaoji)守谷小四郎
香川良介守谷瀬左衛門
丘さとみ胡芳蘭
木暮実千代 (Michiyo Kogure)乱れ雲のおりん
堺駿二つむじ風の仙太
花柳小菊お優
渡辺篤可内
勝浦千浪茜太夫
星十郎才助
上津原鮎子朝江
舟橋圭子美代
花園ひろみお菊
有馬宏治民蔵
三原有美子藤乃
月形龍之介伴夢斎
山形勲唐金屋浪右衛門
進藤英太郎剣持左近将監
沢村宗之助辰五郎
戸上城太郎諸星一角
月形哲之介赤堀左平次
丘郁夫永田浩之助
瀬川路三郎倉橋内膳
吉田義夫田所丹波
堀正夫塚田妥女
岸井明馮伝伯
団徳麿うつぼの虎松
関根英二郎赤鮫の辰
柳永二郎阿部豊後守
長田健土屋相模守
高松錦之助望月主計
水木淳子矢場の看板娘
霧島八千代芸者
円山栄子小料理屋の娘
国一太郎権六
浜田伸一八助
二条くるみお松
梅沢昇作平
尾形伸之介三田貞造
市川百々之助島田
長田健二役人
吉田江利子町人
岡田ゆり子歌手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック