野狐笛 花吹雪一番纏

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

三次は、死んだ親父宗七のよしみで町火消「に組」の初五郎に引きとられた。三次には、呉服問屋秋田屋作兵衛の娘でおきぬという幼馴染があったが、旗本尾形玄蕃との縁談が起っているという。三次は初五郎から意外なことを聞かされた。三次は、古ぼけたうちかけと、薄の中を走る野狐を銀で象嵌した横笛と一緒に、浅草で宗七夫婦に拾われたのだ。その日から、三次の背中に笛と同じ野狐の刺青がはね上った。−−市中で火の手が上った。火事場では、町火消「に組」と弁慶、千坊主ら定火消の一隊が混乱、三次は邪魔だてする千坊主を鳶口で倒した。死罪も当然だが、どうしたことか、三次は奉行所で伊賀守の取調べを受けた後そのまま帰された。三次の無罪を尾形一味がだまっているわけはない。三次をおびき寄せるため、おきぬが囮に捕われた。秋田屋に火を放ち、火消しを率いて証拠をインメツし、三次を下手人に仕立てようというのだ。三次は尾形邸に忍びこんだが、おきぬと地下室に閉じこめられ水責めにあった。二人を救い出したのは、三次の幼友達の新吉と、「に組」ひいきの両国関だった。秋田屋に火がつけられた。尾形一味と「に組」がぶつかり合った。伊賀守が駈けつけ、尾形を捕えた。−−三次とおきぬが、初五郎夫婦に送られて旅立った。物かげで見送る伊賀守。彼こそ三次の実の父だったのだ。


解説

村上元三の原作を、松村昌治と永江勇が脚色、「快傑黒頭巾(1958)」の松村昌治が監督した娯楽時代劇。「恋山彦」の吉田貞次が撮影した。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1960年01月21日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)野狐三次
松浦築枝お浅
千原しのぶおとし
香川良介秋田屋作兵衛
丘さとみおきぬ
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)新吉
大川恵子小花
東富士稲妻雷五郎
若杉恵之介両国梶之助
五味勝之介相馬山
花園ひろみお福
堺駿二吉公
本郷秀雄常蔵
尾上鯉之助勘八
時田一男大次郎
那須伸太朗弥三
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)尾形玄蕃
戸上城太郎戸祭主膳
楠本健二柴田兵庫
関根永二郎小角外記
古石孝明島田帯刀
加藤浩西口伝蔵
瀬川路三郎坂根多仲
小田部通麿檜垣陣内
富田仲次郎磨弁慶の庄蔵
吉田義夫千坊主の丑松
浜田伸一蝮の権次
有馬宏治久兵衛
山東昭子 (Akiko Santou)おはる
長田健大橋周平
五条恵子琴栄
吉田江利子染竜
霧島八千代照葉
大河内傳次郎筒井伊賀守
月形龍之介に組初五郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック