思春の波紋

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

妙子は巡回診療船の女医だ。診療日記から、まゆみとのり子のことを思いかえした。−−二人とも高校生で、同級生に暴行され、妙子に相談にきたのだ。まゆみには順吉という従兄がいた。恋人のように見えた。同級生は冷かし、彼女を怒らせた。のり子はまゆみを慰めようと、モーターボートでの“鬼ヶ島探険”にさそった。同級の橋本と川田からさそわれていたのだ。まゆみは順吉と小豆島へ行く約束があったので断ったが、順吉は婚約者の光枝に夢中で、見向きもしなかったので、誘いに応じることにした。翌日、川田はまゆみに触手をのばし、橋本はのり子に迫った。前者はボート小屋の中で、後者は海上のボートの上で。まゆみたちは人が変ったようになった。そうして、知人の妙子を訪ねてきたのだが、すべてを話せなかった。まゆみは投身自殺を思いつめ、のり子が何度も止めた。何者かの企みで、二人は反目するようになった。川田の仕業だということが、彼が補導されて判った。その時、まゆみは鳴門の“潮流”にのぞむ断崖の上にいた。危く、のり子たちが救った。妙子はまゆみたちに純潔の意義を説いた。新しく生きようと。学校側も、家庭の人たちも反省したという。−−妙子は回想からさめた。小豆島への連絡船の上から、まゆみが手を振っていた。


解説

新東宝教育映画部が郵政省の協力を得て、製作した、純潔教育を主題にした映画で、出村栄・加茂秀男の脚本を、かつて「赤い自転車」を発表した藤原杉雄が監督した。撮影担当は池田伝一。


配給
制作国日本 (1960)
ジャンル 


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
照明

キャスト

俳優名役名
星輝美吉岡まゆみ
築地博父健三
藤村昌子母克子
宮川満夫弟広一
若杉嘉津子浅野妙子
瀬川美智子関口のり子
沖啓二北島順吉
望月みどり婚約者光枝
城実穂大村先生
松原由美子級友A
粕谷スミ子級友B
金沢良美級友C
九条明子級友D
溝口幸学生橋本
中岡広学生川田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック