越後獅子祭(1960)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

旅鴉片貝の半四郎は、仇の浅井朝之助と果し合い中の駅沢番十郎を敵仇と間違え、邪魔だてして朝之助を逃した。その番十郎に再会したのだ。半四郎は謝まった。しかも、番十郎が用心棒として随行していた娘手踊りの一座を半四郎がごろつきから救ってやったことがあり、以来、座長の小陣が半四郎に思いを寄せていたということがあり、小陣のとりなしで番十郎は水に流してくれた。小陣は例年、新発田の廻米問屋越後屋新右衛門の招きで、当地の越後獅子祭に一座をかけるしきたりがあった。今も新発田に向う途中なのだ。越後屋は傭い入れた番頭多摩吉と小陣を一緒にしてその跡を継がすつもりらしかった。その多摩吉こそ実は朝之助の仮の名であり、貸元久六と図って米の横流しをやっていたのだが、越後屋は知らない。小陣の持つ半四郎の守り袋を見た越後屋は驚いた。半四郎は、昔越後屋が角兵衛獅子に売った実の伜にちがいないのだった。半四郎は「親なんざいねえ」と振り切った。獅子祭の当日。米の横流しがバレた多摩吉は、久六とかたらって客席で喧嘩を始めた。半四郎が出た。多摩吉を朝之助と見破った番十郎も加勢、仇を討った。半四郎も久六を斬ったが、越後屋は半四郎の身代りになって倒れた。半四郎の「お父つあん」と呼ぶ声を聞いて満足げに死んだ。半四郎と小陣の祝言も間近い。


解説

長谷川伸の原作を、渡辺邦男・本山大生が脚色し、「二人の武蔵」の渡辺邦男が監督した股旅映画。撮影も「二人の武蔵」の渡辺孝。


配給松竹
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年02月26日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
田村高廣 (Takahiro Tamura)片貝の半四郎
瑳峨三智子桜川小陣
川口京子千鳥
香川良介越後屋新右衛門
小堀阿吉雄多摩吉(実は浅井朝之助)
石黒達也駅沢番十郎
田崎潤 (Jun Tazaki)安五郎
織田政雄惣兵衛
清水元苗場山の久六
天王寺虎之助雁八
天野刃一痛めの辰
宮嶋安芸男岩松
市川男女之助俵屋重兵衛
大東弘明沼田屋甚右衛門
海江田譲二信濃屋伍平
並木栄子小燕
弥生慶子ぼたん
並木葉子小春
青山宏善太
小田草之助留吉
片岡市女蔵喜助
山路義人角兵衛獅子の親方
乃木年雄年嵩の百姓
光妙寺三郎小屋掛けの男A
簑和田敏小屋掛けの男B
小宮山鉄朗小屋掛けの男C
南泰介仇討見物の男
和歌浦糸子女中頭おきみ
尾上菊太郎茂兵衛
葉山正雄越後屋手代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック