次郎長血笑記 秋葉の対決 殴り込み道中

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

〔秋葉の対決〕−−新興の次郎長一家を煙たく思った武居の安五郎は、貸元矢部の虎次郎と計って、次郎長一家の石松と熊次郎をいためつけた。片眼に傷をうけた石松はそれにも屈せず、次郎長や乾分たちと虎次郎一家に殴りこみをかけ、虎次郎を殺した。その時法印くずれの大五郎という旅人が、実はこの事件の元兇は甲州の銀造という男だと教えた。大五郎をつれた一家は銀造を追った。ども安こと武居の安五郎一党や、万七や留吉など銀造ゆかりの男たちの襲撃をしりぞけて、一家は日坂の女親分お竜のもとにのりこんだ。彼女の夫は銀造の悪計により万七の手で殺されたということであった。お竜を加えた一家は秋葉にのりこみ、祭りを明日にひかえた日、ども安をたたき斬った。ども安一家に親分森の五郎を殺された三五郎や、浪人くずれの政五郎が次郎長にほれて一行に加わった。ども安につながる銀造も一家の手によって見事にしとめられた。せいぞろいした清水一家は朝日を背にうけて秋葉山をおりた。 〔殴り込み道中〕−−森の石松を名のる強盗が甲州紬の文吉の乾分六蔵に傷をおわせた。六蔵の仇をうつため文吉一家は袖師の浜で次郎長一家と対決した。しかし、本物の石松を六蔵に対面させた次郎長の機転で騒ぎはおさまるかにみえた。この時、何者かの密告で目明しの文蔵がのりこみ、次郎長一家は旅に出ねばならぬハメになった。立浪助五郎一家の者にいんねんをつけられている雪太郎を救ったり、お君と信吉という姉弟を助けたりしながら、楽天的な一家の風まかせの旅は続いた。一家は追分の三五郎の家にわらじをぬいだ。一家をもてなそうとして、一行の持物いっさいをもった三五郎は賭場にむかい、いちかばちかの金策を試みた。賭場の主である下戸狩の団七は、立浪助五郎一家に縁のある者だったので、イカサマで三五郎の持物をとりあげた。雪太郎の急報でこれを知った次郎長達は、裸で賭場にのりこみ団七を斬った。帰り道で石松を名のる、助五郎一家の政蔵という男を見つけとらえようとした。一家は、彼には逃げられてしまった。助五郎一味は罠をかけて次郎長一家を待ちかまえていた。が、一家は見事一味を全滅させ、政蔵をしばった。実は男装の女お雪だった雪太郎を加えて、一家は清水に向った。


解説

「江戸の悪太郎」の共同執筆者・村松道平の脚本を、「富嶽秘帖」の工藤栄一が監督した新次郎長シリーズ。撮影は森常治。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年03月08日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
黒川弥太郎清水の次郎長
品川隆二森の石松
南郷京之助政吉
和崎俊哉増川の仙右衛門
若杉恵之介大野の鶴吉
尾形伸之介法印の大五郎
楠本健二山本政五郎
千原しのぶお蝶
藤田佳子お蓮
雪代敬子お竜
光美智子おしず
高松錦之助森の五郎
中村幸吉常吉
大城泰新虎
原京市勘助
津村礼司永尻の熊次郎
阿部九洲男武居の安五郎
富田仲次郎花輪の銀造
那須伸太朗金六
大邦一公矢部の虎次郎
木島修次郎小富
堀正夫万七
富久井一朗留吉
有馬隆司三次
熊谷武茶店の親爺
浜田伸一源次
滝千江子おとわ
加賀邦男紬の文吉
浪花五郎見付の友蔵
長田健御油の忠兵衛
伏見扇太郎追分三五郎
黒川弥太郎清水の次郎長
千原しのぶお蝶
楠本健二大政
南郷京之助小政
品川隆二森の石松
尾形伸之介法印の大五郎
若杉恵之介大野の鶴吉
和崎俊哉増川の仙右衛門
花園ひろみ雪太郎(お雪)
伏見扇太郎追分の三五郎
三原有美子お千代
中里阿津子お君
宮土尚治信吉
戸上城太郎立浪の助五郎
徳大寺伸三馬の政蔵
遠山恭二豊松
南方英二伝十
月形哲之介新吉
清川荘司不戸狩の団七
木南兵介岩松
原健策秦野の五郎蔵
東龍子おしん
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)鬼吉
長島隆一儀作
長田健二三助
加賀邦男紬の文吉
有馬宏治芝川の六蔵
泉好太郎勘五郎
香川良介安藤の文蔵
石丸勝也茶店の親爺
赤木春恵茶店の婆さん
大崎四郎宿の番頭
凰衣子安井屋女将
山波哲太郎馬吉
倉丘伸太朗虎造
伊吹幾太郎卯八
山手宏太郎丑五郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック