大空の無法者

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

連絡船が、小さな島のさびれた漁港に横づけされた。吾郎はこの島にある南邦航空から中古飛行機を安く買入れ、魚群探索をやろうと北海道からやってきたのだ。が、ブローカーの青木に内金を持ち逃げされてしまい、仕方なく社長大場のすすめで南邦航空に腰を落着けることにした。吾郎は紅蘭亭の二階に宿をとったが、そこで連絡船で会った美奈子と再び顔を合わせた。美奈子の兄都築は南邦航空のパイロットだったが、一ヵ月前から行方不明なのだという。ある夜、大場が美奈子を手ごめにしようとした。吾郎が美奈子をかばって大場に挑戦した。と、二人の真中に銛が打ちこまれた。大場にまとわりつく女パイロットのかおるだった。夜明け、吾郎は大場に誘われ島を飛びたった。何の目的であるかは言わなかったが、そこに吾郎は南邦航空の謎があると直感した。途中、大場機がエンジン不調で墜落した。吾郎が大場の危機を救った。数日後、二人は再び島を飛びたった。吾郎は美奈子に手紙を托していた。しかし、その手紙は大場を訪れる陳という外国人に奪われてしまった。海上には貨物船が停泊していた。大場の目的は貨物船から木箱をつり上げることなのだ。吾郎は見事箱をつり上げた。箱の中味は麻薬だ。美奈子の兄はこの作業の犠牲者だった。吾郎の手は無電機のスイッチにのびた。島へ帰った吾郎を、陳一味が包囲した。陳は吾郎の無電を傍受し、彼の正体を知ったのだ。吾郎は保安官なのだ。と、大場の拳銃が陳一味に向って火を吐いた。大場は吾郎に返礼をしたのだ。大場はセスナー機へとび乗った。陳の弾が彼の脇腹を射ぬいた。機は大場とかおるを乗せて飛びたった。吾郎の哨戒機が後を追ったが、大場機は焔に包まれ落ちていった。絶命した大場を抱いたかおるが自ら火を放ったのだった。


解説

「白銀城の対決」の直居欽哉の脚本を、「男の挑戦(1960)」の島津昇一が監督したアクション・ドラマ。撮影も「男の挑戦(1960)」の星島一郎。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年05月10日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
高倉健 (Ken Takakura)佐竹吾郎
岡田英次 (Eiji Okada)大場鉄次
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)都築美奈子
小宮光江江上かおる
加藤嘉内山清造
今井俊二島村勝男
織本順吉 (Junkichi Orimoto)杉原三吉
石森武雄沢本道夫
柳谷寛山野正直
河野秋武詐疑師青木
柳永二郎陳竜元
須藤健宋楊鉄
植村謙二郎子分笹井
浜田寅彦子分黒崎
波島進海上保安隊機長
南川直海上保安隊副操縦士
三浦光子 (Mitsuko Miura)マダム玲子
浦野みどり女中光子
吉川満子料亭女将
佐原広二パイロット(都築)
清水みや子李花
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック