おさい・権三 燃ゆる恋草

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

松江藩茶の湯の師範をつとめる浅香市之進が江戸へ出仕した。浅香の妻おさいに付文を再三寄こしていた川端伴之丞の卑劣な仕打ちが始まった。おさいは、人を介して縁談のあった槍の名手笹野権三を憎からず思っていたが、親のすすめに背けず浅香を夫としたのだ。毎日が淋しかった。権三も大殿の勧める伴之丞の妹お雪を貰うつもりの覚悟だった。そんな権三に伴之丞は事あるごとに邪魔立てし、あらぬことを言い放ったのだ。若殿出世の知らせがあり、大茶会が催されることになった。権三は総支配に選ばれ、浅香家家伝の奥義を求めておさいの許を訪れた。笹野家と川端家の家紋を染めた帯をしめているのに気づいたおさいは、自分のしごきをしめるよう権三に求めた。赤いしごきを庭に投げた現場を伴之丞に見られた。伴之丞は「不義者見つけたり」の大音声。おさい、権三は揃って浅香に斬られようと故郷を捨てた。ある夜、おさいの“女”がもだえた。しかし、権三は汚れのないままの体で死のうと拒否した。翌日大阪の蔵屋敷では浅香に会えなかった。二人はまことの女敵として討たれることが生きる道であると知った。権三は夜明けも知らず、おさいを抱いた。あくる日、やつれた浅香と娘のお菊、さいの兄の甚平がやって来た。不審顔で刀をもつ浅香に、権三はわれとわが身をぶつけるように斬られた。おさいの目も、やがて見えなくなった。


解説

近松門左衛門の『鑓の権三重帷子』の映画化。渡辺邦男・上原輝男が脚色し「越後獅子祭(1960)」の渡辺邦男が監督した妻敵討ちの物語。撮影も「越後獅子祭(1960)」の渡辺孝。


配給松竹
制作国日本 (1960)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1960年05月27日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
瑳峨三智子おさい
森美樹笹野権三
石黒達也浅香市之進
北条喜久お菊
北竜二 (Ryuji Kita)岩木忠兵衛
夏川静江妻るい
田崎潤 (Jun Tazaki)岩木甚平
名和宏川端伴之丞
宇治みさ子お雪
十朱久雄 (Hisao Toake)松平出羽守
永田靖家老大友主膳
高山裕子浅香家女中お峯
滝川美津枝浅香家女中お松
乃木年雄浅香家下男与兵
海江田譲二今西半太夫
月宮乙女お雪の乳母八重
天野刃一斬り合いの武士
春日昇斬り合いの武士
毛利二郎斬り合いの武士
中原伸斬り合いの武士
市川男女之助奉行
尾上菊太郎蔵屋敷の侍
片岡市女蔵旅の武士
弥生慶子侍女
永井三津子侍女
佐々木京子侍女
西村公恵侍女
北川昌枝侍女
大東弘明宿場の番頭
簔和田敏岩木家の下男
夏木恵梨岩木家の下女
花井緑太郎宿の若夫婦
佐乃美子宿の若夫婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック