旅の長脇差 花笠椿

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

伊丹屋万兵衛の跡とり息子・新太郎と手代の音吉は、数人の暴漢に襲われたが、浪人・椿平九郎に救われた。伊丹屋は酒問屋で、暖簾を誇る江戸一の豪商だ。万兵衛のもてなしをうけての帰り、平九郎は料亭で、音吉が旗本納戸役日下部作十郎の用人遠山半左衛門と密談しているのを見た。伊丹屋に、ボスの堀留の長五郎が訪ねてきて、万兵衛の娘美津江と日下部の息子進之丞との縁談を強要した。進之丞は評判の馬鹿息子だ。この縁談の裏には、長五郎と、万兵衛の後妻おみれの伊丹屋のっとりの策謀があったのだ。進之丞と美津江の見合いが行われた。平九郎は万兵衛の代理として美津江に同行、作十郎一味と立廼りを演じた。作十郎を斬ってしまった平九郎は、やくざ姿に身を変えて江戸を逃れた。長五郎はこれを幸いと万兵衛を殺し、伊丹屋をのっとった。伊丹屋には「堀留」の大看板がかけられた。今日がその店開き、江戸中の顔役を迎えて長五郎は得意だ。その時、長五郎の前に立ちはだかった男があった。平九郎だ。大立廼り。平九郎の助太刀で、美津江と新太郎の兄弟は親の仇を計った。南町奉行は、仇討ちをたたえ、やくざ姿の平九郎を旗本殺しの犯人椿平九郎でないと許した。


解説

高田浩吉の東映入社第一回作品。土師清二の原作を、「照る日くもる日(1960)」の結束信二が脚色し、「多羅尾伴内 七つの顔の男だぜ」の小沢茂弘が監督した股旅編。「天保六花撰 地獄の花道」の三木滋人が撮影した。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年06月12日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
高田浩吉椿九郎
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)磯貝大吉郎
柳谷寛金太
御橋公伊丹屋万兵衛
花園ひろみ美津江
大久保恵司新太郎
喜多川千鶴おみね
青山京子お千賀
丘さとみおさと
山本順大吾一
黒川弥太郎榊原安房守
山形勲堀留の長五郎
中村時之介浅二郎
月形哲之介辰造
天草四郎清松
阿部九洲男日下部作十郎
大泉滉日下部進之丞
大邦一公遠山半左衛門
戸上城太郎津久井一角
国一太郎牛殺の鉄
尾形伸之介さいかちの弥五
香川良介辰巳屋源蔵
浦里はるみおもん
河村満和一ツ目の寅
遠山恭二壺振り
吉田義夫三島の虎吉
川本治正権次
堀正夫木場の勘蔵
有馬宏治丈右衛門
長島隆一音吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック