紅蜥蜴

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

野州鹿沼八万石阿部長門守に雪姫、花姫という双生児が生れた。当時の風習から雪姫は殺されることになったが、扶育役武兵衛が秘かにこれを助け、江戸に逃れた。この秘密を知るのは花姫の守護役真鍋周防だけであった。−−以来十数年。名もお雪と改めた雪姫は美しい娘に成人していた。だが、それまでに彼女の身の上には奇怪な出来ごとが二度起った。野州阿部長門守の城中にいる花姫の身の上に変事が起った時は、常にお雪もそれと同じ状態になり、手の甲に紅蜥蜴のアザを生じるのである。そのお雪が、ある日当然突然失踪した。これは花姫の身の上にも何か変事があったことに違いない。−−そう思った武兵衛は大目付の駕籠に一部始終を直訴した。が、誰も信じる者はなかった。そして数日後、武兵衛は何者かに殺された。折も折、鹿沼藩から花姫と、将軍御連枝松平の若君との縁組辞退の申出があった。大目付但馬守も、こうなると真相解明にのりだした。鹿沼城下で花姫は父の代参で寺に向かった時、虚無僧の手から投げられた結び文で、危険が身に迫っているのを知った。真鍋周防とその子主税は姫の身を気づかった。お雪はそうした主税たちの目の前に現れ、花姫を守るため姫づきの腰元になることを申出た。ある日、腰元お雪の手に紅蜥蜴のアザが現れた。花姫の食膳にしかけられていた毒物はこれによってとり除かれた。騒動の元兇は家老阿部図書であった。彼は鹿沼藩の乗取りを企んでいたのである。真鍋周防は殺され、お雪は捕えられた。その時、お雪を救い花姫を助けたのは、謎の虚無僧、実は大目付派遣の隠密秋庭弥十郎であった。図書一味は亡び、お雪と花姫の姉妹は天下晴れて相抱いた。


解説

「透明天狗」の吉田哲郎の脚本を、「風雲将棋谷(1960)」の田坂勝彦が監督した娯楽時代劇。「濡れ髪喧嘩旅」の本多省三が撮影した。


配給大映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年06月08日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
中村豊真鍋主税
三田登喜子お雪
加茂良子花姫
小林勝彦秋庭弥十郎
浜世津子腰元・楓
橘公子しの
高倉一郎間左近
伊達三郎 (Saburo Date)土屋源之丞
南部彰三真鍋周防
原聖四郎恩田武兵衛
寺島雄作深見泰山
葛木香一阿部長門守
嵐三右衛門阿部図書
見明凡太朗 (Bontaro Miake)鳥居但馬守
志摩靖彦本多出羽守
堀北幸夫但馬守の供侍・飯田
福井隆次図書の家臣・佐久間
鶴賀谷克巳図書邸の中間又平
松本豊門番・作造
村田京三正之助
藤春保図書の家臣・前島
山本弘子長屋の娘・ちか
奥村敦子雪姫(五歳)
小山美智子花姫(五歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック