続ずべ公天使 七色の花嫁

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

盛り場にたむろする七色グループ。道子をはじめ、秋子、君子、友子、文子、節子、和子たち。道子は家出娘好江と知り合った。バーに住みこませた。好江は大阪の大金持大橋九兵衛の娘だった。父を嫌っての家出で、大橋家は秘密探偵社に捜査を依頼、三千万円の懸賞金を出した。三井探偵社の銀子が目をつけ、助手の一郎の尻をたたいた。ウッカリ者の一郎は、好江の写真と就職依頼書の道子の写真をまちがえて貼ってしまった。道子が大橋家令嬢として追われるハメになった。好江のため、道子は当分身代りとなることにした。トップ屋の野村も道子を追った。偽りの愛を囁き、結婚の話まで持ち出した。チンピラの中西もこの失踪を聞きつけ、話はやくざの元締黒岩の耳にまで伝わった。黒岩は赤沼一家と協力、大橋をユスる計画をたてた。本物の好江が、ヒョンなことから素性がバレ、一郎ともども黒岩組の虜となった。新婚夫婦に仕立てられ、大阪へ発った。赤沼・黒岩組の脅迫状が大橋邸へ届いた。一億円と令嬢の命を交換しようというのだ。その夜の十二時、指定の場所に大橋はギャングと対峙した。銀子が妻を装い、野村が秘書になりすました。一億円渡すと見せて一郎と好江を救い出したが、包囲された。危機寸前、東西のずべ公たちがなだれこんだ。ギャング団は逮捕された。大橋は、今は愛し合うようになった好江と一郎を暖かく迎え、自らも銀子に求婚した。懸賞金はずべ公更生資金として彼女らに手渡した。野村と道子も結ばれた。


解説

「ずべ公天使」の続編で、緑川士郎・高崎三郎の原作を「拳銃無頼帖 電光石火の男」の松浦健郎が脚色し、「波止場野郎」の小石栄一が監督した。撮影も「波止場野郎」の高梨昇。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年06月14日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
小宮光江道子
山東昭子 (Akiko Santou)秋子
星美智子君子
浦野みどり友子
小林裕子文子
柏木優子節子
並木和子和子
桂京子お静
三瀬滋子お花
谷本小夜子お鯉
結城美栄子お鯉の子分
渡辺てるみお鯉の子分
醍醐都子おでん
檜有子おでんの母親
稲植徳子お正
江原真二郎野村
山田真二一郎
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)三井銀子
宮沢久恵大橋好江
浪花千栄子女将お千代
久保菜穂子満子
曽根晴美今村
亀石征一郎中西
藤島範文上野
飯島与志夫東京組長
大東良大阪組長
富田仲次郎東京社長
天草四郎大阪社長
加藤嘉東京会長
斎藤紫香 (Shiko Saito)大阪会長
御橋公黒岩
永田靖赤沼
潮健児石井
柳永二郎大橋九兵衛
吉川英蘭執事
田口耕平アベックの男
田中恵美子スチュワーデス
光岡早苗安宿女中
山茶花究山根
小嶋一郎チンピラ愚連隊
岡本四郎チンピラ愚連隊
曽根秀介ドライブクラブの親父
岡野耕作車掌
槙阿由里大阪のずべ公たち
泉美香大阪のずべ公たち
五十嵐藤江大阪のずべ公たち
小林万里唄う少女マリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック