旗本退屈男 謎の暗殺隊

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

何者かの人命調伏の呪いによって、将軍綱吉が日夜病に苦しみ、天下乱るるの兆があった。江戸城中将軍寝所の床下に呪いの人形をもち込んだ黒装束の男を、退屈男早乙女主水之介が取りおさえた。が、曲者は見事に舌を噛み切って死んだ。呪いの人形を陰陽師阿部清賢が占ったところ、事件の首謀者は意外にも御三家筆頭尾張大納言と出た。近く京都御所で行われる天子即位式出席の途上、尾張は将軍綱吉が立ち寄らねばならぬ場所である。老中豊後守は退屈男をよんで守護の任に当らせようとしたが、彼は既に用人可内、むささびおしま、つばくろ三次の三人を連れて旅立っていた。尾張城内では城主邦宗の命令で、綱吉を迎えるための新舎殿が造営されていた。舎殿完成と同時に普譜奉行大橋妥女が何者かに殺された。弟子の竹内彦四郎を救った退屈男は、妥女の娘弥生から父妥女の残した書状を手に入れた。それには舎殿のからくりにより将軍を殺す計画が書かれていた。退屈男は更に、事件にまつわる忍者たちが住む梟の森に入りこんだ。そこで将軍暗殺の計画加担を拒んで殺された左文字の娘阿佐を彼は助けた。忍者の長老で将軍調伏の張本人皎雲斎と、退屈男は対決した。その時、かけつけた尾張大納言の家臣たちが忍者一味をみな殺しにしてしまった。やがて綱吉上洛の時がきた。邦宗は綱吉を新造の舎殿に導いた。彼が舎殿で舞をまっている時、天井が轟然と落ちた。邦宗はほくそ笑んだ。その時将軍に化けていた退屈男の高笑いがあたりにひびいた−−。やがて、難を避けていた綱吉のもとに、退屈男は邦宗が急病で他界した旨を報告するのであった。


解説

おなじみ退屈男シリーズの一編で、佐々木味津三の原作を、「旅の長脇差 花笠椿」の結束信二が脚色し、「新吾十番勝負 完結篇」のコンビ松田定次が監督し、川崎新太郎が撮影した。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年06月29日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門早乙女主水之介
山村聡 (Soh Yamamura)徳川邦宗
月形龍之介坂崎民部之助
山形勲皎雲斎
薄田研二大橋妥女
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)竹内彦四郎
大川恵子弥生
丘さとみ阿佐
上代悠司左文字
花柳小菊むささびのおしま
河野秋武つばくろの三次
進藤英太郎可内
五里兵太郎乱の十郎太
三原有美子霧影
尾形伸之介飛の一郎太
国一太郎闇の次郎太
南方英二疾の三郎太
近江雄二郎霞の四郎太
遠山恭二炎の五郎太
兼田好三渦の六郎太
原京市幻の七郎太
黒川弥太郎徳川綱吉
宇佐美淳也阿部豊後守
北竜二 (Ryuji Kita)秋元但馬守
明石潮土屋相模守
香川良介阿部清賢
有馬宏治向井修理
矢奈木邦二郎横溝織部正
源八郎黒木式部
徳大寺伸島田三五郎
楠本健二神木典膳
那須伸太朗斎藤源之進
水野浩慈海
渡辺篤三太夫
吉田江利子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック