吠えろ岸壁

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

長沢組と茨組が沖仲仕たちの支配をめぐって激しく対立していた。一年ほど前流れこんできた健次は、今は長沢組の小頭になっていた。古株の広川は彼を恨み、寝返った。社長の長沢を殺し、健次の弟分三公をおどして健次を岸壁におびき寄せた。健次が、酒場ロックの女給ユキと婚約をした晩のことだった。健次と広川が対峙した時、銃声がひびき、広川は胸を射ぬかれ、健次も崖を落ちた。二人を射ったのは茨組の殺し屋井田だった。−−それから二年。健次が波止場に立った。彼は密輸船に救われ、港に戻ってきたのだ。酒場ロックに行ったが、ユキの姿はなかった。波止湯は茨組一色に塗りつぶされていた。三公も逃げるように姿を消した。流しの道公が、広川を殺したのは健次だと三公が証言したといった。ユキの姉の梨恵も、ユキの所在については口をつぐんだ。梨恵は茨の情婦だった。茨は健次を殺すよう井田に命じた。道公の機転で危いところを逃れた。傷ついた健次を、道公の妹玲子が看護した。三公が溺死体となって波止場に浮かんだ。ようやく梨恵が口を割った。ユキは健次に操を立てようとして茨に殺されたのだという。茨は密輸船玄陽丸と麻薬の取引をすることになっていた。健次が救われた船だ。取引場所は茨組駐車場。健次に向かって井田一味の拳銃が鳴った。拳銃戦。梨恵が健次をかばった。彼女は井田の弾丸に倒れた。道公と警官隊が駈けつけた−−。


解説

「さいころ無宿」の大和久守正の脚本を、「殺られてたまるか(1960)」の若林栄二郎が監督したアクション・ドラマ。「第三の疑惑」の藤井静が撮影した。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年07月06日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
江原真二郎神代健次
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)玲子
小宮光江梨恵
八代万智子ユキ
今井俊二道公
山茶花究仲原
富田仲次郎
山本麟一井田
斎藤紫香 (Shiko Saito)長沢
萩原満広川
長谷部健三公
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)亥珊世
大東良大久保
立花啓子女給美代
高橋京子 (Kyoko Takahashi)女給みどり
槙阿由里女給あけみ
伊藤慶子女給くみ子
稲植徳子レジの娘るり
菅沼正斎藤刑事
八名信夫 (Nobuo Yana)沖仲仕1
若月輝夫沖仲仕2
清見淳茨組乾分1
沢田実茨組乾分2
賀川晴男茨組乾分3
吉川満子荒物屋の小母さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック