妖刀物語 花の吉原百人斬り

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

武州佐野の次郎左衛門は、真面目な商人だったが、生れながらの醜い顔に痣があった。この痣が彼の人生を狂わせたといえる。幾度目かの見合いの帰り、さそいにのって次郎左衛門は吉原の門をくぐった。一夜、遊女玉鶴の情けを受けた。「心の中まで、痣があるわけはないでしょ」この言葉を次郎左衛門は忘れることができなかった。が、玉鶴はいやしい遊女で、栄之丞というやくざの情夫があり、太夫の位に憧れを抱いていた。次郎左衛門は吉原に居続けする上、引手茶屋の女将に五十両預けて女の身請けを夢みるようになった。玉鶴に太夫の位をねだられて、夫婦約束の上承知した。折から、信州一円に雹が降り、桑の木が潰滅、下請け業者の生死にかかわる事態となった。武州に帰った次郎左衛門は、思案のあげく、捨て児時代の守り刀を手離すことに決めた。その金で玉鶴を妻に迎え、故郷に帰って仕事に精を出すつもりだった。しかし、兵庫屋に駈けつけてみると、すでに二代目八つ橋太夫の襲名が内定していた。玉鶴の本音を聞いた。次郎左衛門は一旦武州に帰り、家屋、身代を一切整理して再び吉原にきた。兵庫屋の表は黒山の人だかり、二代目八ツ橋の玉鶴が豪華な盛装で現われた。出世披露目の道中で、次郎左衛門が行列の群に飛びこんだ。その右手には村正が握られていた。あっという間に男衆を斬った。うろたえまわる女を、男を、次々に斬った。八ツ橋を追い、一太刀斬り下げた。彼女の死体のそばで、次郎左衛門は叫び続けた。「寄るな、この女に手を触れるな、これはわしの女房だ、わしの女房だ……」。


解説

歌舞伎の『籠釣瓶花街酔醒』に材をとり、「かくれた人気者」の依田義賢が脚本を執筆、「酒と女と槍」の内由吐夢が監督したもので廓を舞台にした悲劇。「暴れん坊兄弟」の吉田貞次が撮影した。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年09月04日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
片岡千恵蔵佐野の次郎左衛門
二代目水谷八重子 (Yaeko Mizutani)八ツ橋
水野浩次兵衛
松浦築枝おせい
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)治六
青山京子お咲
岡村文子お安
木村功栄之丞
原健策越後屋丹兵衛
千秋実丈助
星十郎清助
沢村貞子お源
利根はる恵おまん
三島雅夫太郎兵衛
高橋とよ (Toyo Takahashi)おきの
花柳小菊岩橋
千原しのぶ八重垣
霧島八千代小車
玉喜うた子白菊
飛鳥井かほりさつき
松風利栄子お玉
江崎ひで子兵庫屋の小女
中村時之介妓夫
尾形伸之介地廻りの若い衆
凰衣子女髪結
桜川忠七幇間甲
同社中幇間乙
加藤浩奉行所役人
阿部九洲男三浦屋四郎兵衛
北竜二 (Ryuji Kita)三浦屋四郎左衛門
源八郎海老屋
浪花五郎一文字屋
古石孝明相模屋
村居京之輔大黒屋
丸平峰子新宿のおえん
大浦和子新宿のおこま
紅かほる板橋のおぎん
青葉のり子深川のおよし
高松錦之助弥助
野村鬼笑機屋甲
熊谷武機屋乙
滝千江子織娘甲
光美智子織娘乙
矢奈木邦二郎信濃屋忠七
中村幸吉江戸屋善兵衛
大崎四郎上州屋の亭主
八汐路佳子見合いの娘
疋田圀男先触れの男衆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック