次郎長血笑記 富士見峠の対決 殴り込み荒神山

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

◇富士見峠の対決 兄弟分新屋虎五郎の仇山梨の周太郎をかくまって横車をおす猿屋の勘助に激怒した次郎長は、長楽寺に乗り込み周太郎共々手向かう勘助を斬った。寺津の間之助宅に向う次郎長一行は長楽寺の件で代官所の手が廻ったことを知らせた仙右衛門らを供に連れた女房お蝶と出会った。次郎長は追手の目をくらますため、大政らを寺津にやり、次郎長、お蝶、石松、三五郎、大五郎の一行は別の道を取った。途中お蝶が病に倒れたため兄弟分の巾下の長兵衛宅にワラジを脱いだ。長兵衛夫婦は貧乏にもかかわらず次郎長一行のために苦しい金策をして温かくもてなしてくれた。かねてから長兵衛の縄張りを狙っていた保下田の久六は、次郎長のことを奉行所に密告した。しかし体を張った長兵衛夫婦のお蔭で、次郎長一行は逃れることが出来たが、無理な道中がたたってお蝶は途中で病死した。寺津へ逃れた次郎長は、久六が奉行所と組んで長兵衛夫婦をなぶり殺しにしたのを知った。次郎長は二十八人衆を引き連れ、お蝶長兵衛夫婦の位牌を先頭に久六が待っている富士見峠に乗り込んで行った。◇殴り込み荒神山 代参の帰途、都鳥の吉兵衛兄弟に闇討ちにされた石松の仇を討った次郎長は、はとぼりをさますために子分を吉良の仁吉に預けた。ちょうどそこへ仁吉の兄弟分神戸の長吉が訪ねて来た。刑期を終えて出て来た長吉は、留守の間に親の縄張りを安濃徳が握り返してくれないため仁吉の助力を頼んだ。仁吉の恋女房お菊は安濃徳の妹である。しかし仁吉は男の道に生きるべく離縁状をお菊に渡した。お菊は事情を知り仁吉の男を立てさせるために自害した。安濃徳と話合いがつかず仁吉は荒神山で雌雄を決する覚悟を決めた。次郎長は二十八人衆を仁吉とともに荒神山へ発たせるが、黒駒の勝蔵、黒竜屋の加勢を知って寺津一家とともに荒神山に駈けつけた。仁吉は安濃徳を斬るが隠し鉄砲に倒れた。次郎長も勝蔵、黒竜屋を斬った。元治元年、次郎長は宿敵伊勢の丹波屋伝兵衛と対決するが、伝兵衛はその威にうたれて夜逃げした。次郎長は名実ともに海道一の親分となった。


解説

次郎長血笑記シリーズの第三、第四話。「蛇神魔殿」のコンビ村松道平の脚本を、工藤栄一が監督した。撮影は「まぼろし大名」の鷲尾元也。


配給第二東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年08月13日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
黒川弥太郎清水の次郎長
千原しのぶお蝶
楠本健二大政
南郷京之助小政
品川隆二森の石松
和崎隆太郎増川の仙右衛門
尾形伸之介法印の大五郎
伏見扇太郎追分の三五郎
若杉恵之介大野の鶴吉
中村竜三郎桶屋の鬼吉
近衛十四郎巾下の長兵衛
雪代敬子おせん
花園ひろみおみよ
塩沢あき子おすみ
光美知子おまち
富士薫おつる
水木淳子おさき
坂東好太郎 (Kotaro Bando)保下田久六
本郷秀雄万七
小林重四郎知立の熊蔵
津村礼司兼六
戸上城太郎田崎十郎太
五味勝之介堀内佐治馬
木南兵介青山銀蔵
堀正夫猿屋の勘助
近江雄二郎山梨の周太郎
仁礼功太郎陣内の五助
徳大寺伸寺津の間之助
中村幸吉三州屋藤兵衛
富永佳代子おふじ
村居京之輔新屋の虎五郎
西家正晃権太
森島欣作三次
下川護竹三
倉丘伸太朗丁松
浪花五郎名古屋町奉行
小田部通麿新村敬介
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)吉良の仁吉
花房錦一豚松
加賀邦男小松村の七五郎
坂東吉弥神戸の長吉
徳大寺伸寺津の間之助
青山京子お菊
藤田佳子お民
松風利栄子およし
阿部九洲男安濃徳
大邦一公都鳥の吉兵衛
長田健常吉
国一太郎梅吉
天草四郎為五郎
植村謙二郎角井門之助
香川良介黒駒の勝蔵
関根永二郎黒竜屋亀吉
毛利清二勘吉
南方英二為吉
末広恵二郎
鈴木金哉熊三
泉好太郎三次
土橋勇伝八
藤代佳子おもん
中条宏美おかよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック