がんばれ!盤嶽

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

武州栗橋に住む一刀流指南の老劔士大垣周次郎は、曲ったことが大嫌いなため道場は閑古鳥の鳴く淋しさ、たった一人の弟子阿地川盤嶽も、嘘と女に滅法弱い無類のお人好しだ。或る日、師匠より一人娘浪江の婿になることを聞かされた盤嶽は就職のため江戸へ発つことになった。名刀日置光平を餞別に旅立った盤嶽は人を疑うことがないため騙されてばかりいた。そんな時に、盤嶽の竹馬の友・三輪嘉五郎が彼を追って来た。剣術より世渡りの上手な彼は、代官武富が刀劔集めに夢中なのを知り盤嶽の持つ光平を騙しとろうとやって来たのだった。甘言をもって失敗した三輪は仲間と語らって盤嶽を襲った。腕を斬られて崖下に転落した盤嶽は、三次とその妹お時に救われた。しかし、その治療代のために金貸し佐兵衛の術策に落ち、光平をまんまと佐兵衛に取られてしまった。そんな盤嶽にお時は思いをかけるが、盤嶽は金を作って刀を取り戻すことを誓い江戸に向ってしまった。それから二年、浅草の大工熊五郎の家に食客となった盤嶽は柴田千蔵の馬飼所に就職していた。そこへ、お時が光平を持って訪れて来た。盤嶽を慕うお時が苦界に身を沈めて金を作ったのだ。そんな事情を知らぬ盤嶽はただ喜んだ。しかし、刀を執念深く狙う三輪と会った盤嶽は、浪江の祝言を聞いてびっくり。早速、武州へ飛んで帰った盤嶽は、貧乏に負け娘の嫁入りで楽隠居に目を細める師匠の姿に失望、光平を突っ返しして表へ飛びだした。そして、初めてお時だけが自分に真実を尽してくれたことを知った。盤嶽はお時にもう一度会おうと江戸へ引き返した。お時は店から逃げ出して熊五郎の家にかくれていた。お時に会えた盤嶽は、彼女を追う河童松一味を今は力一杯叩きのめした。いままで正直、純情ゆえに皆から騙され裏切られ通しだった盤嶽は、お時と手に手をとって自由の天地を目指して旅立った。幸あれ盤嶽!がんばれ盤嶽!


解説

昭和八年に山中貞雄が作った「盤嶽の一生」の再映画化。白井喬二の原作を、岸松雄と新藤兼人が共同で脚色し、「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」の松林宗恵が監督した。撮影は「太陽を抱け」の岡崎宏三。パースペクタ立体音響。


配給東宝
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年10月16日より



スタッフ

監督
構成
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
和楽
録音
照明
編集
助監督

キャスト

俳優名役名
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)阿地川盤嶽
志村喬大垣周次郎
冨士眞奈美娘浪江
小泉博三輪嘉五郎
島崎雪子愛人まさ
山茶花究関屋猷之助
安部徹 (Tooru Abe)武富多平太
笠智衆 (Ryu Chishu)正直忍斎
小文字まり三輪の女房
石田茂樹馬子三次
団令子妹お時
由利徹医者竜伯
萬代峰子狂言自殺の女
中村真智子狂言自殺の女の娘
八波むと志河童松
大江真砂夫家主
吉川雅恵小料理屋の女
桂小金治大工熊五郎
環三千世女房おしげ
内田朝雄 (Asao Uchida)柴田千蔵
広沢菊春為永鉄心
早川恭二与力松川
沢村いき雄うなぎ屋の親爺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック