英雄候補生

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

松舞組の組長・松舞大次郎は乾分の十字架の鉄と外出中、何者かに射殺された。一人息子の竜太はヤクザを嫌い、東京で勉学に励んでいた。父の死と一の乾分イダテンの源の説得に負けて、竜太は高知に戻った。竜太の帰省で松舞組は活気を取戻したが、彼は跡目後継を断わり、組を解散するといった。そんな竜太を源の一人娘京子は励ました。そのころ、競争相手のテキサス興業では、社長三沢や乾分の政が東京から呼んだ殺し屋ジョーと松舞組の縄張りを奪う相談をしていた。竜太は身内の者のために父の残した石炭採掘に熱を入れた。テキサス興業は松舞組になにかと乱暴を働いた。が、いつも何者かの邪魔で失敗した。ある日、竜太は東京からブツが来るといい、源たちを喜ばせた。その日、竜太の友達キッド守田がやって来た。ブツはテキサス興業一味に奪われてしまった。原因は鉄の裏切りだった。責任を感じた源は単身テキサス興業に乗りこんだ。源が三沢にやられそうになった時、竜太がかけつけブツの中味をみせた。それは守田の使う楽器だった。怒った三沢らは拳銃を抜いた。しかし竜太の早射ちは相手を沈黙させた。三沢は腹いせに京子を人質に捕え、ウラニウムが埋蔵されている採炭場を狙った。京子を取りかえそうと乗りこんだ竜太を鉄が狙ったが、ジョーが鉄を倒した。ジョーは大次郎に恩があった。そのジョーは三沢に撃たれた。竜太の奮闘でテキサス興業はつぶされた。数日後、松舞組は解散、新しくウラン鉱会社として再出発した。竜太は京子に見送られて、新しい希望に向って飛び立っていった。


解説

原健三郎の原作を、「南海の狼火」の山崎巌が脚色し、「一匹狼(1960)」の牛原陽一が監督した和田浩治のアクション・ドラマ。撮影も同じく「一匹狼(1960)」の峰重義。


配給日活
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年10月08日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
和田浩治松鶴竜太
清水まゆみ吉田京子
轟夕起子松舞かね
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)松舞大次郎
二谷英明 (Hideaki Nitani)ジョウ
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)イダテンの源
深江章喜十字架の鉄
守屋浩守田浩
近藤宏三沢
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)
柳瀬志郎サダ
市村博正太
関口悦郎金公
刈屋ヒデ子道子
清水隆平三平
杉山元千吉
小泉郁之助太田刑事
木島一郎松舞組乾分一
水木京一松舞組乾分二
立川博松舞組乾分三
長弘三沢の乾分一
伊豆見雄三沢の乾分二
片桐恒夫会社重役
河上信夫会社技師長
野呂圭介新聞記者一
花村典克新聞記者二
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック