遥かなる母の顔

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

千枝子は富国不動産の社長飛鳥大五郎の娘で、小学五年生。母の光代は五年前大五郎に嫌気がさして邸をとび出し、妹の康子と住んでいる。光代は渋谷のアザミ洋裁店を銀座へ進出させる夢を持っていた。援助を買って出ている三英商事社長鹿地の話に乗ろうとしていた。大五郎には若い妾奈美子がいた。彼女は飛島邸に入りこむ野心を持っていた。飛島邸の家作に住む小学校教員の海野一家は、千枝子を遊びに誘い、母のいない千枝子の淋しさを慰めようとした。大五郎は、千枝子が海野家へ出入りするのが気に入らず海野が何かもくるんでいるのではないかと疑った。秘書を通じて家作の明渡しを迫った。海野は移転を承知した。千枝子は、押しかけてきた奈美子をもてあましている父の姿を見、幼な心にも憤然とした。彼女は飛島邸から姿を消した。千枝子はたつまきの三郎という与太者と知り合い、麻薬密売の手先に利用された。銀座進出の夢がかなった光代は、鹿地と情事の旅に出発するところだった。康子が駆けつけ、千枝子が行方不明になったことを知らせた。光代は飛島邸へ駆けつけた。千枝子が警察に保護されたという電話があった。湘南の海岸を走るキャデラック、幸せそうな千枝子を挟んで大五郎と光代の新しい首途に向う姿があった。


解説

大林清の原作を、「天保六花撰 地獄の花道」の鈴木兵吾が脚色し、「続々べらんめえ芸者」の小石栄一が監督した母もの。撮影は「砂漠を渡る太陽」の三村明。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1960年10月05日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
伊藤雄之助飛島大五郎
木暮実千代 (Michiyo Kogure)飛島光代
植木千恵飛島千枝子
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)多賀沼康子
成瀬昌彦鹿地
柳沢真一海野辰吉
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)海野幸子
朝見朗海野達夫
都築みどり海野のりこ
八代万智子神田奈美子
坂下登中学生義太郎
後藤栄子千枝子の友人安吉
榊登富夫
井上千枝子女中とよ
杉義一富国不動産KK金井
堀みどり富国不動産KK秘書関森安江
大東良富国不動産KK小田切運転手
石川絹子アザミのすみ子
藤島範文康子の学友辻
曽根晴美たつまきの三郎
岡本四郎たつまきの鉄平
山本麟一警官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック