素浪人百万石

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

浪人・山川忠介は大江戸の無法地帯と呼ばれる下谷新地の居酒屋樽安で、武家娘美乃を救った。美乃を襲ったのは、街一帯を支配する愚連隊弁天一家のもの。この暗黒街の不正と邪悪はひどく、忠介の同僚だった定廻り同心佐川十三郎を骨抜きにさせる程のものだった。樽安の女将おりん、殺し屋の朝吉、磯部作左衛門ら浪人群は、忠介に好意を持ち、何かと助けた。忠介が美乃を送ると、家では美乃の父・土橋久兵衛が惨殺されていた。暗黒街の黒幕といわれる大地主茜屋から忠介に呼び出しがかかった。忠介は茜屋に弁天一家が三日間美乃に危害を加えないことを約束させた。約束の三日目の夜、下谷一帯が静まり返った中で、忠介と美乃は土橋家の邸内で脱出の機を待った。その時、殺し屋の朝吉が、門前を囲む弁天一家の吉蔵らを襲った。一瞬のうちに斬ると、忠介と決死の脱出を試みた。しかし敵は多い。忠介は朝吉に美乃をまかせて防戦した。朝吉は美乃を樽安に連れ込む。武家の出の朝吉は、講武所時代から、おりんとは馴染みだった。忠介もやがて樽安に着いた。弁天一家が何故美乃を狙うのか。土橋家に昔仕えていた忍藩の江戸屋敷を訪れ、家老桜井に会った。忠介は、美乃が忍藩松平家の姫君であることを知った。忍藩の城代家老金井修理太夫は、自分の子を重病の城主の後に立てようと、唯一人の血縁である美乃を暗殺しようとしたのであった。この間に弁天一家が樽平に押し寄せた。迎え討ったのは忠介の勇気に感動した佐川だった。磯部ら浪人群も立上った。乱闘のさ中、忠介が駈け戻った。茜屋、弁天一家の刺客達も、次々と倒れたのは勿論だった。


解説

山手樹一郎の『浪人市場』を、「黒部谷の大剣客」の結束信二が脚色し、「危うし! 快傑黒頭巾」の松村昌治が監督した右太衛門の娯楽時代劇。撮影は「嫁さがし千両勝負 恋しぐれ千両勝負」の山岸長樹。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1960年11月15日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門山川忠介
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)朝吉
近衛十四郎佐川十三郎
伊藤雄之助磯部作左衛門
徳大寺伸伊藤義右衛門
本郷秀雄赤尾弥兵衛
小堀阿吉雄大山文五郎
大川恵子美乃
青山京子お光
堺駿二大吉
富久井一朗三次
時田一男半次
和崎隆太郎照公
花柳小菊おりん
吉田江利子お澄
水木淳子お海
光美智子お春
上津原鮎子お絹
有馬宏治市助
丘郁夫八造
進藤英太郎茜屋浩右衛門
原健策弁天の武五郎
小林重四郎国五郎
市川百々之助吉蔵
香月涼二勘太
河村満和半吉
毛利清二才造
長田健金井修理太夫
加賀邦男猪熊主膳
尾形伸之介杉浦大之進
近江雄二郎石田作馬
関根英二郎松平下総守
坂東好太郎 (Kotaro Bando)桜井善右衛門
長田健二藤兵衛
水野浩町内の世話役
矢奈木邦二郎吉田久兵衛
利根はる恵八重
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック