筑豊のこどもたち

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

北九州筑豊地帯が擁する失業者は数万。更に十数万の彼らの子供達がいる。炭住街では子供達の方が元気だ。食事の糧であるザリガニ捕りにはしゃぎ廻る。江藤武もその一人。武の父・新吾は他の失業者と同じく、焼酎を飲んではボロ畳に寝ころんで、働けない日々を過す。妻は貧乏にあいそをつかして家を出た。長男の勝は大手筋の鉱山で働いていたが、このことは福祉司には内証だった。一家の生活扶助料が減らされるのである。勝からの送金も間もなく途絶えた。首切り反対のストに加わったのだ。炭住街の子等の何よりの仕事は、修学旅行の金を溜めることだった。入坑禁止の廃坑に入ってボタ拾いもした。ある日突然坑山が再開された。事情は分らぬまま、鉱夫達は喜んで働いた。学校では久しぶりに全員揃った生徒を前に、小林は修学旅行の旅費を発表した。二千七百円と聞いた武たちは一様におしだまった。妻と喧嘩をしてまで、失業者の子の一人をひきとっていることが、小林にはほんの自己満足だけのように思えた。新吾達の働く炭鉱は、炭鉱主の交替とともに、合理化申請の名のもとに再び閉鎖された。武は今迄に溜めた三百円を、父親の焼酎代にと、無表情にさし出した。子供達は突然、黒い羽根の募金で遠足が実現した。しかし自分達の写った宣伝写真を見た彼らは、ばっかにしちょるなあと言って視線を泳がせた。小林の心配をよそに、子供達は学校に出なくなった。一見明るく、楽しく遊んだ。父が家出したという武さも……。それは無気力な、負け犬の忍従の姿だった。大手組合の争議は熱気をおび、勝も手錠をはめられた。武は飢えにパンを盗んだ。出稼ぎに出た鉱夫達は皆この望みのない炭住街に舞い戻った。新吾が戻った時、父の太平は寂しく他界し、武は小林の手で連れ去られていた。武は希望通り、大阪の理髪学校に入学したのだった。


解説

土門拳の同名の写真集から「悪い奴ほどよく眠る」の共同執筆者・菊島隆三と、広沢栄が脚本を書き、「遠い一つの道」の内川清一郎が監督したオール・ロケーション映画で、悲惨な筑豊の炭鉱地帯とその子供たちを描くもの。撮影は日映の白井茂ら。


配給東宝
制作国日本 (1960)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1960年11月13日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
加東大介江藤新吾
森沢孝江藤太平
宮部昭夫江藤勝
沖村武江藤武
小泉博小林順二
福田公子小林登志江
日下部政子筒井ヒサ子
寄山弘堀池庄助
野辺かほる堀池トク
木村潔堀池保
永井久幸堀池保の弟
鵜野竜太安田政次
谷育子安田ウタ子
黒沢和親安田一八
和沢昌治服部清造
平山昌也服部宿市
三田照子服部しげ
大滝智子服部キヨ
大滝田美子服部キヨの妹
小松方正組合長倉本
伊藤雄之助田川児童相談所三宅
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)炭坑主浅川
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)浅川の妻たつ子
西村晃肩代りした炭坑主田畑
武田正憲代議士柳原
松本朝夫柳原の秘書島村
松村達雄石炭事業公団課長片貝
織田政雄ケースワーカーの男ネズミ
三橋達也友人上野
安双三枝宿の女中しづ
小林賢一桂夫
近藤準一山田太
田浦正巳谷川先生
千石規子 (Noriko Sengoku)食料品店のおかみさん
利根司郎中根
安西郷子大阪のバスガール
永井由美子子供A
伊波由美子子供B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック