月の出の血闘(1960)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

片腕なしの旅鴉枡形の朝吉は山の湯治場で死んだ女房お千代そっくりの女義太夫の声の主お安と知った。お安は江戸で聞えた宮大工徳次郎の女房。徳次郎は神田明神の透し欄間を彫る一世一代の仕事を控えて右腕にリョウマチを病みお安と湯治に来ているうち、持って生れた病いのバクチで滞在費をすってしまいお安が昔おぼえた義太夫を語って稼いでいた。快方に向う徳次郎は手馴らしにノミを注文しお安に取りにやらせた留守、お安と朝吉との変な噂を聞いた。また女房に養われる淋しさの余り貸元佐平の賭場で、お安の稼ぎためた金はおろかついに女房の体まで張てしまった。佐平らのインチキを見破った朝吉は徳次郎のために大暴れ、そのまま故郷へ飛ぶはずの山道でバッタリ逢ったのはノミを持ったお安。お互いが愛し合っているのを知りながらこのまま別れなければならない、そんな気持のよろめきから二人は誤って谷底へ転落した。そのハズミでお安はノミが体に刺さって絶命、朝吉は佐平一家の追跡を身をもって逃れた。お安の手に残った朝吉の片袖に徳次郎は朝吉をお安の仇と思い込み朝吉の跡をおった。そして佐平等も朝吉の命を狙って旅に出た。朝吉の母お谷、息子の太郎吉らは千代の祥月命日に朝吉の帰りを待ちわびていた。一足早く枡形に着いた徳次郎は宿屋の女中お米と仲の良い太郎吉と親しくなり、その太郎吉が朝吉の子と知って驚いた。土地の親分白良の庄五郎に渡りをつけた佐平一味は、既に徳次郎が朝吉を狙っていると知ると邪魔な徳次郎も片づけてしまう算段をたてた。朝吉の帰途を徳次郎が果し状をつきつけた。決闘場所を菩提寺の裏山と決めた。しかし佐平一味の邪魔が入った。二人は協力して彼等追い払いあらためて弁天岩屋を決闘の場所とした。職人ながら剣を習った徳次郎は片腕朝吉より強かった。しかし、朝吉を刺そうとすると不思議に右腕が利かなくなってしまた。死んだお安の一念が愛する朝吉を刺させないようにしていると知った徳次郎は気持を一変に氷解させた。そして折から駈けつけてきた。佐平、庄五郎一味を、二人は力を合せて迎え撃つのだった。


解説

川口松太郎の『利根川鴉』を、「切られ与三郎」の伊藤大輔が脚色・監督したやくざもの。撮影は「東海道ちゃっきり娘」の武田千吉郎。


配給大映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年11月16日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)朝吉
中村玉緒 (Nakamura Tamao)お安
北上弥太朗徳次郎
宮川和子お米
舟木洋一友三
村上不二夫弥之
須賀不二男中盆の政吉
清水元白良の庄五郎
浦辺粂子お谷
清川玉枝お民
近江輝子お粂
金剛麗子お万
杉山昌三九貸元佐平
東良之助権十
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック