天下御免

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

八代将軍徳川吉宗の頃。紀州感応院の坊主・宝沢は、育ての親の死後その遺品に葵の紋入りの短刀と天一童子なるお墨附を発見、父徳太郎に会いたさの一念で旅に出た。道中、豊臣家の残党山内伊賀亮らに捕われた。徳太郎が吉宗の幼名と知る伊賀亮は、宝沢を落胤に仕立て天下を取る陰謀をたくらんだ。宝沢を教育、近畿一円に名のりをあげて江戸へ上った。天一童子もその母の将軍側室沢の井もすでに死んだと知っての上でだ。南町奉行大岡越前守は天一坊の正体に不審を抱いた。腹臣を紀州及び八ツ山邸に送って天一坊の身元をたしかめようとした。が、証拠の短刀お墨附は本物で、密偵は殺されてしまった。越前守は吉宗に閉門を言いつけられた。だが、城中での唯一人の擁護者中納言のとりなしで御対面が十日間延期された。越前守は禁をおかして紀州へ発った。沢の井の墓のある光照寺を訪れた越前は、天一坊とその生母沢の井がすでに世になく、このことを知る寺男が殺されたのを目撃して、天一坊が偽者だとの確信を深くした。親子対面の前日、伊賀亮は越前邸を訪れ、面会を求めた。伊賀亮にふみこまれ窮地におちた時、紀州から急ぎ帰った越前が現われて救われた。御対面の当日、天一坊を押したてた伊賀亮は江戸城にのりこんだ。伊賀亮と越前との対決は火花を散らした。越前は紀州で発見した天一童子の墓石をつきつけ、事件は解決した。伊賀亮は越前に斬りつけたが捕えられ、極刑に処せられた。天一坊は利用されたにすぎぬことが分り軽罪、吉宗は己の不明をわびて越前にねぎらいの言葉をかけた。


解説

渡辺邦男と本山大生の共同脚本を、「風来物語 あばれ飛車」の渡辺邦男が監督した娯楽時代劇で、撮影も「風来物語 あばれ飛車」の渡辺孝が担当。


配給松竹
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年12月11日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
初代松本白鸚大岡越前守忠相
山田五十鈴 (Isuzu Yamada)妻律子
瑳峨三智子娘志乃
森美樹山内伊賀亮
北上弥太朗天一坊(宝沢)
永田光男赤川大膳
山路義人藤井左京
雲井三郎能坂十兵衛
中田耕二大坪甚九郎
寺島貢糸月鎌太
滝祐児広岡達弥
天野匁一長島茂左衛門
山内明徳川吉宗
宇治みさ子須磨の方
石黒達也水戸中納言
片岡彦三郎山野辺主税
倉田爽平池田大助
小笠原省吾平石治右衛門
中原伸吉田三五郎
名和宏松平伊豆守
尾上菊太郎戸田山城守
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)水野和泉守
海江田譲二酒井讃岐守
片岡市女蔵松平左京太夫
真木康次郎大田備中守
市川男女之助松平左近将監
大東弘明井上河内守
岡田和子おさん
藤間林太郎祐然
宮島安芸男与作
乃木年雄浄海
田中謙三目付
静山繁男旦那風の男
玉島愛造老爺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック