あばれ駕篭

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸評判の人気義賊稲葉小僧新助は、与力生田慶五郎と目明し徳五郎の追跡を逃れ、紀州家江戸屋敷にとびこんだ。中臈梶尾の気転に救われた。新助をかくまったことが分ると、梶はその責を問われ、お梶と名をかえ侍女お弥重の実家松代屋に身を退いた。そこでお梶は人気役者中村仲蔵と顔を合わせ、新助と瓜二つなのに驚いた。仲蔵は親方団十郎の意にさからい、一座を追われた。彼はヤクザ仲間に身を落した。浪人の此村大吉だけが励ました。新助は生き別れになった弟が仲蔵だと知って驚いた。松代屋が火事になった。新助はお梶の姿をさがし求めた。お梶に横恋慕する与力生田慶五郎たちが、松代屋に放火し、そのどさくさにまぎれてお梶をさらおうとしたのだ。新助はお梶を仲蔵にあずけ、彼らをたたきのめした。新助の骨折りで、仲蔵の舞台復帰がかなった。初日の舞台に向って仲蔵をのせた駕篭が行く。そこへ捕方が現われ「中村仲蔵ッ、実は稲葉小僧ッ御用だ!」の声。飛び出した新助は仲蔵を駕篭にのせ、捕方の相手となった。生田を倒した。が、やがて縄をかけられた。仲蔵は涙を押さえつつ舞台をつとめた。


解説

土師清二の「あばれ熨斗」を、「遥かなる母の顔」の鈴木兵吾が脚色し、「素浪人百万石」の松村昌治が監督した娯楽時代劇。撮影は「炎の城」の吉田貞次。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1960年12月06日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)稲葉小僧新助
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)中村仲蔵
福田公子お梶
円山栄子お弥重
八代目坂東三津五郎 (Bando Mitsugoro VIII)市川団十郎
伊沢一郎金井三笑
中村時之介杵蔵
中村錦司花次
水野浩伊兵衛
明石潮松代屋清右衛門
戸上城太郎原貝重四郎
本郷秀雄生田慶五郎
富田仲次郎風呂徳
毛利清二坂六
船越正雄俵吉
北竜二 (Ryuji Kita)永藤市兵衛
高松錦之助寺西弥六郎
那須伸太朗島左太郎
佐々木松之丞藤助
小田真士紀州邸藩士
岡島艶子老婆
島田秀雄折助1
春日弘折助2
明智八百栄茶店の老婆
矢奈木邦二郎新助・仲蔵の父
青木しげる幼年時代の新助・仲蔵
吉岡清孝幼年時代の新助・仲蔵
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)此村大吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック