あばれ熨斗

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸評判の盗賊稲葉小僧新助は、紀州家の奥御殿へ忍び込み、発見されたが、梶尾の局のはからいで逃がされた。新助はその時局の気高い美しさに心を打たれた。しかし、梶尾はこの事が表沙汰となって、奥家老、寺西弥六郎と共に御殿を退った。これは実は八丁堀与力生田慶五郎の陰謀で、梶尾のお梶が、また町娘であった頃、結婚を申込んではねつけられたことが未だ忘れられないのだった。慶五郎の配下、風呂徳は、稲葉小僧を追っているうちに、彼が人気役者中村仲蔵と生きうつしなことを発見した。仲蔵は役ごとに新しい型を考え出し、評判をとっていたが門閥がないため冷遇され、ついには狂言作者と喧嘩し、座頭から休演を命じられた。そしてそのうさを晴らすため酒と賭博とにふけっていた。お梶は腰元お弥重の実家杉代屋に身を寄せていたが、慶五郎に命じられた風呂徳の放火で出火した。その時お梶は新助の手で救い出され、折から来合わせた仲蔵の手にあずけられたが仲蔵の家が慶五郎にねらわれているとの新助の警告で、お梶は寺西老人の許へ身を隠した。新助はその頃仲蔵と出会い、お互いに父母を知らぬ身の上を慰めはげまし合ったが、新生を誓った仲蔵は座頭団十郎に詫びを入れ、忠臣蔵の定九郎の役をもらって舞台にたつことになった。お梶は仲蔵と新助の父がどうやら寺西老人であることを知って仲蔵に知らせるべく家を出て慶五郎の手先に捕えられようとするが、再び新助に救われた。「忠臣蔵」の初日に寺西老人は仲蔵のため「あばれ熨斗」の引幕を贈り、彼の新工夫の定九郎は大評判だった。それをかげながら見納めにして、新助は犯した罪を清算するため曳かれて行くのだった。


解説

夕刊毎日新聞連載の土師清二の原作から、「水戸黄門漫遊記 飛龍の剣」の安達伸生が脚色監督したもの。撮影は同じく武田千吉郎が担当している。配役の主なものは、「右門捕物帖 緋鹿の子異変」の嵐寛寿郎、「銭形平次・恋文道中」の三浦光子、長谷川裕見子。本間謙太郎こと、再び旧名坂東好太郎などのほか、市川春代、羅門光三郎、清川荘司、澤村國太郎等である。


配給大映
制作国日本 (1952)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1952年02月22日より



スタッフ

監督
脚本
原作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
嵐寛寿郎稲葉小僧新助
嵐寛寿郎中村仲蔵
三浦光子 (Mitsuko Miura)お梶(梶尾)
市川春代お岸
長谷川裕見子お弥重
坂東好太郎 (Kotaro Bando)生田慶五郎
羅門光三郎此村大吉
清川荘司風呂徳
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)市川団十郎
香川良介金井三笑
小柴幹治 (Kanji Koshiba)惣太郎
荒木忍寺西弥六郎
東良之助吾助
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック