乞食大将(1952)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

豊前中津の城主黒田長政は領下の豪族城井谷の宇都宮鎮房と戦い大敗するが、その臣後藤又兵衛の夜討が効を奏して遂に宇都宮勢を破って鎮房の子花若と妹鶴姫を人質とした。長政は更に鎮房を騙し討ちにしようとした。又兵衛は日頃鎮房と一騎打ちの勝負をしたいと願っていたが騙し討ちは御免だと反対するが、結局他の者たちに討たせるよりはと、廊下で一戦を交えてこれを討ちとめた。その功により、若花、鶴姫の命乞いをした上、長政の下を去った。時は流れ、又兵衛は自分に従う家来たちをひきつれ諸国を流れ歩いていた。花若も立派な若武者になり鶴姫は剃髪をして尼になっていた。慶長十九年、徳川と豊臣秀頼が最後の一戦を交えんとしたとき、又兵衛は徳川の招きをふり切って敗色の濃い秀頼方へ進んで味方した。そしてかつて自分が討った鎮房の子に討たれてやるのであった。


解説

民間情報局教育局による禁止映画再審査によって第一回に解除された劇映画八本のうち、未封切であったものの一本である。製作スタッフ、配役共に現役で活躍の人々が多い。原作は朝日新聞連載の大佛次郎の小説。「西遊記(1952)」の八尋不二が脚本を書き、「遊民街の夜襲」の松田定次が監督に当たり「お洒落狂女」の川崎新太郎が撮影している。出演者は、「水戸黄門漫遊記 地獄谷の豪族」の市川右太衛門、「お洒落狂女」の月形龍之介、関西劇壇の中村芳子のほか、現在時代劇に活躍の中堅諸優である。


配給大映
制作国日本 (1952)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1952年04月03日より



スタッフ

監督
脚本
原作
撮影

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門後藤又兵衛基次
藤野秀夫徳川家康
中村芳子鶴姫
月形龍之介黒田甲斐守長政
羅門光三郎宇都宮鎮房
六代目嵐徳三郎本多正信
荒木忍夜須平四郎
香川良介福島丹波
葛木香一明石全登
小川隆黒田惣兵衛
見明凡太朗 (Bontaro Miake)堤西堂
南部彰三馬蔵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック