清水港は鬼より怖い

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸の老舗和泉屋の若旦那小六は天晴れ大侠客になりたいものと志して清水港の次郎長親分の許へやって来るが、不心得をさとされ、あっさり追いかえされた。家へも帰りたくない小六はトンコ茶屋のお豊の食客となって、森の石松や吉良の仁吉の手ほどきで男をみがく修業にはげんでいた。そこへ許婚のお澄が番頭をつれて小六を迎えにやって来るが、いまでは石松や仁吉におとらずお豊に熱をあげていて、次郎長親分のいさめもきかぬので、小六の気持が変るまでと、次郎長はお澄を番頭共々家で世話をひきうけてやった。石松と仁吉も、小六がライバルと知ると、手をかえ品をかえ、小六を江戸へ帰そうとするが、そんな手にはのらぬばかりか、次郎長の縄ばりをねらう黒駒の勝蔵のスパイがいると知った小六は男を売るのはこの時とばかり、とんで火に入る夏の虫となり、勝蔵の喧嘩門出の火祭りにあげられようとした。しかし小六の身を案じてあとをつけていたお澄の注進で、石松と仁吉が駆けつけて、小六はあぶないところを救われた。そして阿部川べりの大乱闘にも首尾よく三人は無事ひきあげてかえって来たが、トンコ茶屋ではお豊と板前の虎さんが仲の良いところを見せつけられた。お豊と虎さんはずっと前からいい仲なのだった。ようやく小六の恋もさめると同時に、恐ろしいこと続きで、下らぬことで命のやりとりをする侠客へのあこがれも現実の風のなかで霧散してしまった。このときを待っていたお澄と一緒に江戸へ帰ることになった小六は、江戸へ帰ったら彼女と世帯を持って堅気商売に気を入れようと決心するのだった。


解説

「はだか大名 (前篇)」「はだか大名 (後篇)」の高村將嗣の製作で、高橋幹雄の企画により、木下藤吉(「はだか大名 (前篇)」「はだか大名 (後篇)」)と「犬姫様」の友田昌二郎とが共同で脚本を書いている。監督は「剣難女難 女心転心の巻」の加藤泰、撮影は近藤憲昭である。配役の主な顔ぶれは「初恋トコシャン息子」の大泉滉に、澤村國太郎、原健作、加東大介、尾上菊太郎の中堅を加え、鳳衣子、林加壽惠の新人に、広沢虎造、林田十郎、芦乃家雁玉、桂春團治、永田とよ子、美ち奴などの芸能人たちである。


配給東映
制作国日本 (1952)
ジャンル 

1952年07月09日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
大泉滉和泉屋小六
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)森の石松
原健策近目の利一
尾上菊太郎四ツ目の秀五郎
加東大介吉良の仁吉
朝雲照代お照
鳳衣子お蝶
林加壽惠お澄
広沢虎造虎さん
林田十郎大政
芦乃家雁玉小政
桂春團治次郎長
永田とよ子お豊
美ち奴お光
坊屋三郎三吉
山茶花究久助
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック