佐渡ケ島悲歌(エレジー)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

医大生立花真琴は、暑中休暇を利用して親友多胡の故郷佐渡ガ島へ渡り、椎名文代という娘と知合いになった。文代は兄梧郎と共に幼くして父母に別れ、中学校校長の祖父浩平に育てられていた。浩平は文代が真琴と近づきになったことを知ると強くその交際を禁じ、梧郎の友岡本との縁談を強いた。真琴の父真三は二十年前渡島した時文代の母佐代と恋仲となったが父浩平の反対で結婚できなかった。その後佐代は他の男を婿にむかえ梧郎と文代を生んだが、夫が死んだとき、真三も一児真琴を残して妻に先立たれたことを知り、梧郎と文代を浩平の手元に残して真三の許に走り今日に至ったのであった。そのため浩平は佐代を亡きものと思い心から抹殺して来たのである。真琴も東京に帰り父母に文代のことを語り継母佐代から思いがけない反対を受けた。真琴は文代に真心こめた手紙を送ったが浩平の手で握りつぶされ、文代は思いあまって上京するが真琴とは入れ違いになり、佐代に会って生みの母と知る。が、その佐代にも反対されて、帰島した。そして嫁ぐ日になり遂いに渡島した真琴と共に海へ身を投じた。しかし心痛の余りあとを追って渡島した真三と佐代や浩平たちの手に救われた。老人たちは各自の意地から若い二人の生命を失わせようとしたことを悔い、二人の前途を改めて祝福した。


解説

新映プロと大映とが提携して製作した歌謡映画。脚本は「母の罪」の館岡健之助が書き、「振袖狂女」の安田公義が監督に当っている。撮影は東健。出演者の主なものは「鞍馬天狗 天狗廻状」の藤田泰子、「涙の恋千鳥」の春日俊二、「二つの処女線」の根上淳、「お茶漬の味」の三宅邦子などのほか、菅原都々子、眞木富士夫の歌謡歌手が特別出演する。


配給大映
制作国日本 (1952)
ジャンル 

1952年09月04日より



スタッフ

監督
脚本
撮影
美術
音楽
特別出演

キャスト

俳優名役名
藤田泰子椎名文代
春日俊二兄梧郎
清水元祖父浩平
田中筆子ばあやたみ
根上淳 (Jun Negami)立花真琴
佐伯秀男父真三
三宅邦子 (Kuniko Miyake)義母佐代
利根川和枝女中春子
小原利之多胡一男
小杉光史父吉衛
登坂京子母みつ
紺アケミ菅原千恵子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック