社長秘書

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

クレオ化粧品山本社長の秘書三木次郎は、その多能多才ぶりが災いしてか、社員の間では典型的なお茶坊主で通っている。次郎の助手として新入社した飯田千佳子は、彼の立場に少なからず同情した。退勤の途次、親しく語りあう二人。−−しかしワンマン社長は何故か公用以外駆られの交際を厳禁した上、自らの斡旋で次郎に見合いをさせる。当日席を逃げだした彼は、入社以来初めての缺勤をした。不貞寝している次郎を見舞いに訪れた社長夫妻の口から千佳子が元伯爵の京極にプロポーズされている事を知り、彼はいよいよ憂鬱になった。その上、当の京極を介して売買契約した第三國人のバイヤーから商品を全部返却してくるという不祥事が発生、しかも返品の内容がボロ屑に変じていたので、激怒した社長は次郎に引責を迫った。辞表を懐に悶々街をさまよう次郎は、ふと露店にダンピングされているクレオ化粧品を発見、次々と糸をたぐって遂に詐欺の元兇が京極であることを突止めた。心ならずも京極と連立っていた千佳子の機転で、首尾よく彼を警察に引渡すことができた次郎は、改めて社長から千佳子ともどもハワイ出張を命ぜられ、高鳴る胸を抑えるのだった。


解説

辻久一の企画によって「大あばれ孫悟空」の八尋不二、加戸敏がそれぞれ脚本、監督を担当したサラリーマンもの。撮影、音楽も又「大あばれ孫悟空」の竹村康和、白木義信である。「巣鴨の母」の根上淳、「いついつまでも」の木村三津子、「千羽鶴(1953)」の進藤英太郎、「鞍馬の火祭」の入江たか子、「腰抜け巌流島」の清川虹子、「勘太郎月夜唄」の大美輝子、「二人の瞳」の岡村文子、「稲妻(1952)」の植村謙二郎などが出演している。


配給
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年01月22日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
根上淳 (Jun Negami)三木次郎
木村三津子飯田千佳子
進藤英太郎山本鷹之助
入江たか子山本はつ子
小柴幹治 (Kanji Koshiba)京極敬一郎
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)深草みつ子
大美輝子おてる
大伴千春松井文江
岡村文子まさ
植村謙二郎村上常務
近衛敏明種田宣伝課長
上田寛バンドマスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック