情火

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

時は慶應元年、天朝軍が飛騨高山に迫るという報に、郡代新見内膳は江戸へ逃れ、地役人吉田文助や吉住弘之進は恭順の意を表してこれを迎えた。この時の隊長梅村速水は、元天狗党の一人であった浪士上がりで、かつてこの町で追われて料理屋合羽屋へ逃げ込み、この家の姉妹おらくの密告で彼女の恋人吉住のために捕らえられそこなったことがあった。おそらくや吉住はその時の復讐をおそれたが、梅村はむしろそのおらくを忘れられない者としてこの飛騨へやって来たのであった。彼の親友奥田はこの町で道場を開いていたが、梅村に仁政を行うことをすすめた。しかし腹の黒い吉田たち地役人の介在するため、天朝のためという梅村の改革的な施政が村民には徹底せず、吉住を恋人に持っていると知ったそのおらくが吉田にすすめられ、彼の妾になると承知したとき、梅村には周囲の誰もが信じられなくなった。彼の施政はいよいよ苛酷になり、そのため村民は薩軍の隊長大村に直訴した。彼は江戸へ呼びかえされることになったがその矢先、村民の一揆があり、それを応援するのが薩軍であるときいて彼等に手向かって捕らえられた。梅村が唯一人信頼したおらくの妹つまは一揆の犠牲になって死に、おらくは曳かれて行く梅村を峠まで追って行った。明治二年梅村は東京で獄死した。おらくは梅村をしのびながら路傍の三味線弾きにおちぶれて死んだ。


解説

製作は高木貢一の担当で相良準三の原作から、「緑の風」の柳井隆雄と「若君罷り通る」の鈴木兵吾が脚本を書き、「二つの花」の大庭秀雄が監督に当っている。撮影は「牛若丸」の竹野治夫。出演者の主なものは、「うず潮(1952)」の若原雅夫、「丘は花ざかり(1952)」の木暮実千代、「唄祭り清水港」の高千穂ひづると大木実、「リンゴ園の少女」の山村聡、「春の鼓笛」の柳永二郎などである。


配給松竹
制作国日本 (1952)
ジャンル 

1952年12月10日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
若原雅夫梅村速水
木暮実千代 (Michiyo Kogure)合羽屋おらく
高千穂ひづるつる
山村聡 (Soh Yamamura)奥田金馬太郎
大木実郷土弥平
夏川大二郎吉住弘之進
柳永二郎吉田文助
大和久乃文助の妻
野沢英一川上屋
青山宏押上屋
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)新見内膳
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)東征軍隊長大村
海江田譲二脇田
田中謙三山田
永田光男村上俊介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック