娘の晴着

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大川端の料亭「さかづき」の女将恵美は娘の陽子の結婚式にどうしても打掛けを着せてやりたいと考えている古風な女だった。そこで婚約者健一がラグビーの祝勝会で酔態を演じたことで少なからず不安を感じたりした。しかし間もなく陽子の結婚式は盛大に行われた。恵美の心ずくしの打掛けを着た陽子の花嫁姿は人々の眼を見張らせるような美しさだった。陽子の居なくなった家でその夜恵美は夫の貞次郎と一緒にしみじみ娘を偲び過ぎし昔の思い出にひたった。貞次郎にすすめられて恵美は打掛けを羽織って見るが、それは若い頃苦労をしつづけた恵美が夢にえがいた晴れ姿だった。


解説

製作は「若奥様一番勝負」と同じく大町龍夫が担当、北条秀司の部隊劇「女將」から、「唄祭り清水港」の沢村勉が脚色し、新人萩原徳三が第一回作品として監督に当っている。撮影は「母は叫び泣く」の鶴見正二。出演者の主なものは、「いとし子と耐えてゆかん」の水谷八重子に、「花咲く我が家」の北龍二、「あなたほんとに凄いわね」の桜むつ子、小林十九二に、新人宗方正などである。


配給松竹
制作国日本 (1952)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1952年11月27日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
初代水谷八重子 (Yaeko Mizutani)恵美
北竜二 (Ryuji Kita)貞二郎
小園蓉子陽子
桜むつ子お住
高松栄子延鶴壽
有島一郎校長
水上令子校長夫人
宗方正健一
小林十九二直造
草香田鶴子きよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック