次郎長三国志 第二部 次郎長初旅

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

庵原川の喧嘩のあと仕末のため次郎長はお蝶と二世のちぎりの盃をしたその足で、鬼吉、綱五郎の二人をつれて旅へ出た。途中、赤鬼の金平の仔分相手に果し合いの少年増川の仙右衛門のため口を利いてやったが、久しぶりの次郎長を歓待するため女房の着物を質に入れた沼津の佐太郎に同情した仙右衛門は、佐太郎をそそのかして次郎長たちの着物を質に入れ、賭場へ草鞋銭を稼ぎに出かけ、かえって自分たちまで裸になってかえって来た。一行裸道中で、仙右衛門の恋人おきねの父を訪ねて二人の仲をまとめてやり、ここでやっと古着を都合して金平の許へ乗込んだ。金平は次郎長の言葉をきかず新川の川原での果し合いになり、奮戦の結果次郎長たちは金平一家を押しまくった。一行のあとを追って来た法印の大五郎に仙右衛門を加えて街道の茶店へはいり、そこで独り酒を呑んでいる吃音の男を鬼吉と法印が笑ったことからこの男と喧嘩になった。吃音のくせにこの男、喧嘩となると滅法歯ぎれのよいタンカを切るのに惚れ込んで次郎長が仲へはいった。吃音の男は森の石松と名乗った。石松に別れた一行は更に気の向く旅を続けるのだった。


解説

オール読物連載の村上元三原作「次郎長三国志」のうち、「次郎長売出す」に続くもの。製作、脚本、監督、撮影その他の製作スタッフ及び出演者の主なものは森の石松の森繁久彌を加えたほかほとんど前作「次郎長売出す」に同じ。


配給東宝
制作国日本 (1953)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1953年01月09日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
小堀明男清水次郎長
河津清三郎清水の大政
田崎潤 (Jun Tazaki)桶屋の鬼吉
森健二関東の綱五郎
田中春男法印の大五郎
石井一雄 (Kazuo Ishii)増川の仙右衛門
森繁久彌 (Hisaya Morisige)森の石松
広沢虎造張子の虎三
若山セツ子 (Setsuko Wakayama)お蝶
豊島美智子お千
隅田恵子お徳
和田道子おきね
三好栄子おあき
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)江尻の大熊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック