韋駄天記者

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

南部大助は東方新聞社社会部記者であるが、その仕事の忙しさは家庭の存在を忘れさせることも多く、時々妻和江を淋しがらせている。ところが和江の弟良平まで新聞記者志願で、これは日本新聞社の入社試験を受けて見事パスした。やがて警視庁詰になった彼は、兇悪犯人の殺人現場の写真を見せられて心臓を波打たせ、飛込自殺の現場に立会ってふるえ上り、脳病院の火事に駆けつけ、狂人に追いかけられて悲鳴をあげたりした。社会部記者としての適格性を疑われた良平は学芸部へ転勤を命じられることになったが、折から南ケ丘大学総長辞職事件が持上り、嵐部長の思いやりで良平に今一度の機会が与えられることになった。この事件では東方新聞の兄大助と競争相手になったが、大助は弟のため手加減をするようなことはなく、記事は東方に抜かれるばかりであった。良平は社の看護婦福田幸子にはげまされてねばり通し、遂に次回総長尾本博士の記事をスクープすることが出来た。晴々とした気持で社の屋上にのぼった良平に、待っていた幸子は結婚のため大阪へ立って行くことを告げるのだった。


解説

「ボート8人娘」の小川正に加藤邁が共力して企画、東京日日新聞社会部長戸川幸夫の原作から「花咲く風」の八住利雄が脚本を書き、「銭なし平太捕物帳」の田中重雄が監督に当っている。撮影は「二人の母」の西川庄衛。出演者は「激流(1952)」の沼田曜一、「親分の青春」の二本柳寛、「銭形平次捕物控 からくり屋敷」の三浦光子、「夏子の冒険」の岸輝子、「ひめゆりの塔(1953)」の香川京子、その他信欣三、千田是也、青山杉作など新劇人が出演。


配給東映
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年03月05日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
録音
照明

キャスト

俳優名役名
沼田曜一坂田良平
二本柳寛南部大助
三浦光子 (Mitsuko Miura)南部和江
岸輝子南部たつ
香川京子 (Kagawa Kyoko)福田幸子
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)嵐部長
信欣三阿部副部長
山形勲村田副部長
河野秋武三浦
神田隆保坂
春日俊二波野
青山杉作尾本博士
千田是也市岡教授
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック