次男坊

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

弊衣破帽派の旧制高校生堀尾吉晴、岩崎悌四郎らは、教師連が本省の視察官をダシに飲み会をやる、という情報に大憤激、料亭におし上った。座敷をちがえて踏込んだ彼らは、教師ならぬ町の有力者、横地弁護士を叩きつけ、その責任を負って人徳者安藤校長の辞職という大さわぎになる。長男玉男の温和しさとひきかえ、次男吉晴のこの硬派ぶりに、父彦平、婆やのたきは青息吐息である。−−三年後。今は大学生の吉晴は学生委員やら同輩のアルバイト斡旋やらにやたらに熱をあげているが、悌四郎はチャッカリと鈴木初子なる深窓の令嬢と愛を囁き、証券会社への就職が決るや、吉晴を仲人役依頼の使者に仕立てて高校時代の校長、今は彼らの大学の教授である安藤氏の許へさしむけた。安藤宅で吉晴は明朗な女子学生片岡道子に会う。初子の友人という彼女の尽力でこの縁談はめでたく成立した。道子がねづよく勧めるまま極東紡績の入社試験を受けた吉晴は見事合格、はじめて道子が社長令嬢であったことを知る。しかし、上役の毛利部長が株の買占めで会社乗取りを策していることを、兜町の悌四郎からきき、鉄拳沙汰に及んで会社をとびだした。安藤教授の力ぞえで新聞社入りをした彼は悌四郎と協力、首尾よく毛利の非をあばいたが、彼自身も大怪我をする。しかしその快癒とともに宿望の道子との結婚式が挙げられた。


解説

SP「鳩」の新人監督野村芳太郎のフィーチュア第一回作品。佐々木邦の原作を「関白マダム」の椎名利夫が脚色した。「明日は月給日」の西川亨、「花咲く風」の木下忠司がそれぞれ撮影、音楽に当っている。「まごころ」の高橋貞二、三橋達也、「初恋おぼこ娘」の坂本武、「やっさもっさ」の桂木洋子、「妻の青春」の笠智衆、「学生社長」の日守新一「流れの旅路」の土紀就一、「処女雪」の英百合子、新人高友子の他、多々良純、奈良真養、吉川満子など大船のバイプレイヤーが多数出演している。


配給松竹
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年03月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
高橋貞二堀尾吉晴
坂本武父彦平
土紀就一兄玉男
英百合子婆やたき
三橋達也岩崎悌四郎
日守新一片岡社長
桂木洋子令嬢道子
笠智衆 (Ryu Chishu)安藤教授
奈良真養高村教頭
鈴木彰三学生金子
宗方正学生下山
磯野秋雄留吉
山路義人横地大三
高友子鈴木初子
吉川満子母堂和代
多々良純毛利部長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック