闘魂

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

「鷹」と呼ばれる若い全日本柔道選手権保持者志麻次郎五段は、柔道使節としてフランスへ旅立つまで、九州N市の母校城南高校の柔道部を指導することになった。同校の柔道部教師藤崎公造は志麻の恩師で、その娘幸子は彼の許嫁であった。志麻との試合の途中棄権した西軍の勇将関七段の高弟川内柳之介は、志麻に試合を申込んでことわられた。志麻は藤崎から固く試合を禁じられていた上に、幸子が志麻と結ばれるのを知って酒色に身をもちくずしている相弟子の加藤勇作を更生させようと努力していた。その加藤の妹で酒場に働く翠を川内は暴力で征服した上に、暗夜、街の土建屋一味に襲われた彼を救って肩に負傷した志麻に、再度挑戦した。川内はこれも拒絶されると、城南高校で藤崎に試合を申込んで「鬼殺し」の技にかけてこれに重傷を負わせた。重なる川内の横暴に遂に立った志麻は、負傷の身をもって川内と対峙し、その「鬼殺し」を完全に封じて体を制した。川内を後援する平和建設の壮漢たちが殺気立って志麻をとりかこむが、関七段が不肖の弟子に代って志麻に詑びる姿にひきさがり、川内も悔恨の涙にくれた。翌日故郷鹿児島に向って更生の旅に出発する川内の傍らに翠の姿も見られた。


解説

製作は「柳生の兄弟」の市川哲夫。甲斐克彦の『小説倶楽部』所載の原作から「春の鼓笛」の沢村勉が脚色、「ひばり姫初夢道中」の大曽根辰夫が監督に当り同じく片岡清が撮影を受持っている。出演者の主なものは「ハワイの夜」の鶴田浩二、「花咲く風」の大木実、「江戸いろは祭」の高千穂ひづる、「関白マダム」の月丘夢路などである。


配給松竹
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年03月05日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)志麻次郎
大木実川内柳之介
北竜二 (Ryuji Kita)藤崎公造
高千穂ひづる娘幸子
河野秋武関彦太
伊沢一郎加藤勇作
月丘夢路妹翠
大友富右衛門倉沢安政
海江田譲二中山剛太郎
永田光男秘書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック