安五郎出世

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

瀬戸内海に面した西浜村。名物が三つある。一つ西浜の小ン便水、二つ喇叭のさかり馬、三つ般若の暴れん坊。−−その般若の鉄が刑務所から帰村するというので、村長以下は恟々として出迎えた。と、歓迎の喇叭に昂奮した名物さかり馬が村娘を追いかけてとびこんでくる。立ちふさがった般若はあっけなく蹴倒され、とって替った侠客志望の風来坊、中山安五郎がこれを取鎮めた。といえば聞えはいいが、馬は彼の珍妙な顔をみて毒気をぬかれ、安五郎ご自身は気絶したのである。行く所もない彼は村の水道工事−−これも名物の小ン便水、つまり塩分過多の用水難解決工事に土工として雇われる。飯場兼お寺の本堂に寝起きして先輩土工亀吉らにやたらにこき使われる安五郎に、庫裏のお手伝い、お静が同情する。安五郎の素人浪花節にうっとりしたりする。が、彼の方は江戸前の芸者小万に首ったけであった。水道会社の重役に収まりたい般若は亀吉らをそそのかしてストライキを起させ、その調停の役を買って出る。ところが安五郎とお寺の下男、口の不自由な唖太の努力で工事は完成してしまったから大憤慨、安五郎を呼びだす。怪力唖太の助勢で首尾よく暴れん坊をのした安五郎は、村人から家を贈られ、念願の親分となった。一の子分は唖太である。小万の帰京で一時はしょげ返ったものの、お静を新妻を迎え、彼はまず幸福であった。般若らは水道完成記念の花興行のあがりをさらって軽便鉄道で逃げだすが、安五郎が非常喇叭にまたも昂奮したさかり馬をあおって軽便に追いつき、珍妙な大立回りの末、金をとり戻した。


解説

藤原審爾のオール読物掲載小説を「抱擁(1953)」の西亀元貞、「蛇と鳩」の棚田吾郎が脚色し、「喧嘩安兵衞」の滝沢英輔が監督した。「あゝ青春に涙あり」の会田吉男、「総理大臣の恋文」の松井八郎がそれぞれ撮影、音楽に当っている。「エンタツ ちょび髭漫遊記」の森繁久彌、「吹けよ春風」の越路吹雪、「次郎長初旅」の若山セツ子、「人生劇場 第一部」「人生劇場 第二部」の加東大介などが主な出演者である。


配給東宝
制作国日本 (1953)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1953年04月15日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
森繁久彌 (Hisaya Morisige)中山安五郎
越路吹雪小万
若山セツ子 (Setsuko Wakayama)お静
河美智子お公
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)和尚
中北千枝子梵妻
加東大介唖太
小杉義男般若
中村是好忠兵衛
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)仙太
林幹村長
谷晃亀吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック