飛びだした日曜日

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー


解説

戦時中航空教育資料研究所で現東宝技師長岩淵喜一が研究した立体映画方式(トービジョン)第一回作。二台のカメラに両眼の視差を与えて撮影、映写の際偏光板装置のうえ、金属性スクリーンにうつすというナチュラル・ヴィジョン、トリオプティコンと同種の方式である。観客はポロライド眼鏡をつける。(詳細は本誌62号「トービジョンの話」参照)。脚本・監督村田武雄によるこの作品は「飛びだす」効果をより強いものにするため、遊園地に舞台をとって遊動円木、飛行機、ブランコ等の活用をはかっている。大助、京子たちの十代の少年少女が遊園地にでかけ、一日をたのしく遊びくらすという梗概である。


配給東宝
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年04月22日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
井上大助不明
青山京子不明
上田猛不明
持田和代不明
森啓子不明
肥田正道不明
莊田千種不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック