次郎長三国志 第四部 勢揃い清水港

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

次郎長一家の引越し祝と三保の豚松なる漁師がやたらに魚をもち込んでくる。子分になりたいのである。土地の堅気は子分にしない建前から次郎長は彼を追いかえす。折しも清水にのりこんできたのは森の石松と追分三五郎。三五郎の口利きで道倒れの力士、八尾ケ岳一行をたすけるため、次郎長は相撲興行をすることになった。人並外れた大飯食いを多勢あずかってお蝶は一苦労である。興行と同時に催した花会は次郎長の名の売れようのバロメータアであったが、諸国の大親分が続々集り、一家の者を有頂天にさせた。興行の方では八尾ケ岳を負かせば金十両の賞金を出す、という三五郎の派手な呼込みにつられて飛入りした豚松が、怪我の功名で相手を負し、約束の金十両をくれと次郎長宅に談じ込む。落度をみとめて金を渡した次郎長の態度に豚松は大感激、またしても子分にしてくれと頼み入る。一方石松、三五郎らは興行の上り金をもって帰る途中、例の黒駒勝蔵の代貸大岩らに斬りつけられ、金をもったまま三五郎ははぐれてしまう。これを盗みの上の逐電と誤解した石松や鬼吉らは三五郎を追かけて斬合いとなるがお仲の仲裁で喧嘩は次郎長にお預けとなった。次郎長は彼を子分にする。−−これが江尻の大熊との縄張りにからむ黒駒の勝蔵の感情を刺戟した。喧嘩支度に身を固めた黒駒一家は甲州から清水におしかけてくる。急を告げたのは豚松である。迎え撃つ次郎長一家の中には彼も交つていた。


解説

スタッフ・キャストとも第三部と共通。「青色革命」の加東大介、「胡椒息子」の石黒達也、などがこれに加っている。この篇で次郎長一家の面々が一通り揃うことになる。


配給東宝
制作国日本 (1953)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1953年06月23日より



スタッフ

監督
構成
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
小堀明男清水の次郎長
河津清三郎清水の大政
田崎潤 (Jun Tazaki)桶屋の鬼吉
森健二関東綱五郎
田中春男法印大五郎
石井一雄 (Kazuo Ishii)増川の仙右衛門
森繁久彌 (Hisaya Morisige)森の石松
小泉博追分三五郎
加東大介三保の豚松
広沢虎造張子の虎三
久慈あさみ投節お仲
若山セツ子 (Setsuko Wakayama)お蝶
豊島美智子お千
小倉俊子お静
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)江尻の大熊
千葉信男八尾ケ岳久六
小川虎之助和田島の太左衛門
石黒達也黒駒の勝蔵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック