丹下左膳(1953)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸、小野塚鉄斎の許にある名刀乾雲坤龍の二振を、刀剣蒐集狂饗庭侯の命でかねて狙っていた丹下左膳は、鉄斎を戦り乾雲を奪ったが、居合せた娘彌生の美しさが何故か忘れられなかった。鉄斎門下の諏訪栄三郎は水茶屋のお艶と相愛の中で、二人で新世帯を持ったが、栄三郎を慕っていた彌生はお艶のことは承知で坤龍を栄三郎に預け、彼は乾雲奪還を誓った。左膳の厄介になる旗本鈴川源十郎は左膳を語らって栄三郎を襲撃し、源十郎はお艶を得たが坤龍を得る事は出来なかった。以来左膳は夜毎街々に出没して試斬りしては坤龍を求める。鈴川の賭場の常連莫連櫛巻のお藤は左膳にひたむきな恋を寄せているが、彌生の幻を追う左膳は見向きもしないので、彌生を恋人栄三郎の隠れ家へ案内したが、彼は留守で、同じ賭場の常連で兄の遊び人与吉の手で脱走してきたお艶と会う。この隙にお藤は坤龍を盗んでくるが、左膳は乾雲を与吉に盗まれていた。お艶を妾に売り飛ばそうと企んでいる与吉は、手切れとして乾雲を栄三郎に渡す。左膳と栄三郎は橋の上で勝負するが、栄三郎は川中へ転落する。町奉行大岡越前守は巷の擾乱が二刀の争奪にある事を蒲生泰軒から知らされ、取締りを強化する。今や二力に魅せられ血に狂った左膳は、月ノ輪剣士の援助も斥け、ひたすら坤龍を求める。と、そこへ現れた栄三郎。相対峙する二人に御用提灯の波が押し寄せる。


解説

林不忘の「丹下左膳」シリーズ中、乾雲坤龍二刀の争奪戦物語を、戦前幾度か左膳に扮した大河内傳次郎(地獄太鼓)が戦後始めて左膳を演ずる。脚本を「刺青殺人事件」の伊藤大輔と「疾風からす隊」の柳川真一が書き、「次郎長三国志 第四部 勢揃い清水港」のマキノ雅弘が監督している。撮影は「地獄太鼓」の竹村康和。出演者は大河内の他、「欲望」の水戸光子、花の喧嘩状」の山本富士子、「暴力市街」の沢村晶子、三田隆など。


配給大映
制作国日本 (1953)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1953年07月01日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
大河内傳次郎丹下左膳
大河内傳次郎大岡越前守
水戸光子櫛巻お藤
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)水茶屋の女お艶
三田隆諏訪栄三郎
荒木忍小野塚鉄齊
沢村晶子娘彌生
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)饗庭主水正
田中春男遊び人与吉
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)鈴川源十郎
小柴幹治 (Kanji Koshiba)森徹馬
羅門光三郎蒲生泰軒
水原浩一土生仙之助
光岡龍三郎月ノ輪軍之助
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック