野戦看護婦

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和十七年華南の野戦病院。そこでの長い勤務に荒んた小島雪子もやさしい根本軍曹を秘そかに愛していた。新しく内地から派遣されて来た婦長の光枝や恵子達のやさしい姿に接するにつけ、雪子も再び女らしさを甦えらせたが、根本がか弱い恵子を労わるのに嫉妬し、恵子に対して何かと辛く当った。恵子と根本は、はからずも同郷であることがわかり、以来一層親しみを増したが、やがて恵子達は前線へ転進し、根本と別れねばならなかった。恵子は前線での激務で悪性マラリヤに罹ったが、復讐の念に燃えた雪子は軍医から支給されたキニーネをも踏みにじった。しかし病める恵子が一途に自分の意気地ないことを詑びる純情な心に遂に嫉妬心を払拭、空襲で燃える天幕の中から恵子を救い出した。二人は日毎むつまじくなり、恵子が根本との再会を喜んでいるのをも、雪子は笑顔で見られる様になった。敗戦の夜、暴民が病院を襲撃して来た。光枝達の連絡で中国官憲が到着一同は救出されたが、連絡を救けるべく囮となった雪子は、赤十字の旗の下に屍体となって発見されねばならなかった。


解説

元従軍看護婦安斎貞子の原作より「憲兵」の野村浩将が脚色監督している。撮影は「残波岬の決闘」の山中晋、製作は児井英生。出演者の主なるものは「続魚河岸の石松」の折原啓子、「戦艦大和」の中山昭二、「雲ながるる果てに」の鶴田浩二、「暁の市街戦」の宮城千賀子などである。


配給新東宝
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年07月14日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
宮城千賀子 (Chikako Miyagi)三田光枝
折原啓子恩田恵子
水島道太郎長井軍医中尉
村田嘉久子光枝の母
江川宇礼雄 (Ureo Egawa)日赤院長
藤田進 (Susumu Fujita)山田軍医少佐
石黒達也加藤軍医少尉
安部徹 (Tooru Abe)青木軍曹
南風洋子小島雪子
関千恵子沖山看護婦
中山昭二根本軍曹
大谷伶子北川看護婦
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)山本海軍中尉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック