続丹下左膳

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

妖刀乾雲・坤龍をめぐる江戸市内の擾乱にこころ悩ました南町奉行大岡越前守は、将軍家を動かして饗庭主水正を出府せしめ、擾乱の元凶丹下左膳が饗庭藩士なりや否やを糾すが、累の及ぶことを怖れた主水正は、これを否む。ばかりか、主君懐しさに訪れた左膳を冷めたく追い払い、月輪軍之助の統べる月輪剣団に彼を斬り、刀を奪うべく命じる。激怒した左膳は群がる剣士らを斬り立て、越前の配下の捕方の波を蹴やぶって姿をくらます。今は持ってすべない乾雲を元の持主に返そうにも彌生は行方不明。左膳を愛する櫛巻お藤は、彼が彌生に刀を返すまでは危険な江戸市中を離れる意志のないことを知り、必死に彌生を探しまわる。そのあとをつけて左膳の所在をうかがうものに月輪剣団、無頼の旗本鈴川源十郎一味、そして遊び人鼓の与吉がある。鈴川はかねて拐わかしたお艶が左膳の手から乾雲を奪いかえすことを条件に、彼になびくという言葉に駆られて左膳を狙い、与吉は刀をもとに大金もうけの算段である。お藤の探ねる彌生は、じつは大岡越前邸にかくまわれていた。一方、坤龍をたずさえる諏訪栄三郎また、左膳をもとめて市内を彷徨する。互いに呼びあう妖刀の呪いは彼の身うちにも移り、しだいに殺伐な気分にかりたてられてゆく。大江戸の闇はまだ深かった。


解説

スタッフ、キャストとも前篇「丹下左膳(1953)」と同じ顔ぶれである。


配給大映
制作国日本 (1953)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1953年09月01日より



スタッフ

監督
構成
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
大河内傳次郎丹下左膳
大河内傳次郎大岡越前守
水戸水子お藤
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)お艷
沢村昌子彌生
三田隆諏訪栄三郎
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)饗庭主水正
田中春男遊び人與吉
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)鈴川源十郎
南条新太郎伊吹大作
羅門光三郎蒲生泰軒
葛木香一家老
水原浩一土生仙之助
光岡龍三郎月輪軍之助
原聖四郎諏訪藤次郎
武田竜将軍吉宗
浪花千栄子婆やおさよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック