鞍馬天狗 青面夜叉

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

幕末。−−東白河三位卿に招かれた帰途、新撰組に襲われた鞍馬天狗は、前後の事情もあり、卿と新撰組との関係をいぶかしむ。天狗の命をうけて、黒姫の吉兵衛が東白河邸に忍び入り、カタバミ紋の武士が地下道より出入りするのをつきとめた。天狗の輩下是枝七郎左衛門が何者かに拉し去られたが、たまたまこれを行方不明の杉作少年を探ねて件の地下道に潜入した天狗は、地下室に幽閉されている是枝を見出し、救おうとする。しかし短銃をもった謎の武士の出現で成功しなかった。その帰途、桂小五郎から中川宮暗殺未遂が宮中で起ったことをきいた天狗は、その犯人が件のカタバミ紋であることを確信、再び三位卿邸にのりこみ、卿を鋭く詰問する。苦しい応酬の末、卿は是枝の釈放を約したが、暗殺事件を問いつめられて進退谷まった。父の危難をみて卿の一人娘彌生が放った短銃は天狗の左腕を射ぬく−−が、その後、暗殺事件の犯人も、杉作を奪って天狗の行動を封じようとした犯人も、すべてカタバミ紋の武士、佐幕に躍起となった兵庫奉行の作事方小山田内記であることが判明した。天狗の眼をのがれ、三位卿父娘ともども須磨の別宅に移った内記を追って天狗は西下する。内記は利用価値のなくなった卿を、輩下の居合抜きの達人早坂新兵衛に斬らせ、その上彌生をものしようとするが、逆に彌生の懐剣に倒れた。とりまく敵を蹴ちらしてかけつけた天狗は、早坂らと対決、激闘ののちこれを斬る。目明し長次、お兼の夫婦に見られていた杉作も、お兼の翻意で救いだされる。事件が収まったのち、彌生は仏門に入った。


解説

大佛次郎の「鞍馬天狗」シリーズ(サンデー毎日連載中)朝日放送の連続放送劇、また新国劇公演で劇化された「青面夜叉」を、「次郎吉娘」の鈴木兵吾が脚色、「きんぴら先生とお嬢さん」の野村芳太郎が監督した。音楽も同上の木下忠司、撮影は「純潔革命」の竹野治夫。新国劇の島田正吾、辰巳柳太郎を中心に、「君の名は」の月丘夢路、「江戸の花道」の嵯峨美智子(松竹初出演)、「沖縄健児隊」の柳永二郎、「乙女のめざめ」の三井弘次などが出演する。


配給松竹
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年09月22日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
島田正吾 (Shogo Simada)鞍馬天狗
本松一成杉作
石山健二郎黒姫の吉兵衛
柳永二郎東白河三位卿
瑳峨三智子東白河三位卿の娘彌生
富本民平用人在原
河野秋武是枝七郎左衛門
辰巳柳太郎小山田内記
有島一郎早坂新兵衛
三井弘次古門前の長次
月丘夢路お兼
宮本雄二郎乾分平六
青山宏乾分満太
永田光男桂小五郎
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)土方歳三
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック