青春ジャズ娘

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

都下大学対抗のジャズ合戦に優勝した城南大学のシックス・メロディアンズのメンバーは、卒業後もプロ楽団としてデビュすべく団結をちかいあったが、仲間の一人青木が悪徳ブローカー山崎の引抜きに応じたため、止むなく解散する。リーダア格の春彦も、頑固な父親の反対や友人の離反、生活苦などのためにいつかこの道に自信を失いかける。彼の恋人俊子はジャズ・シンガアを志し、卒業後も研讃を怠らない。女学校の先輩、キャバレーのマダムを勤める由紀子の手引きでそのキャバレーで歌手として働くようになった。彼女やその父良策の激励で、春彦も漸く自信と情熱をとりもどす。やがて父も息子の希望をゆるした。先輩、友人の努力が実をむすび、再びシックス・メロディアンズは編成され、中央劇場で一流楽団と共演する機会まで与えられる。デビュを祝して、江利チエミも特別出演の請に応じてくれる。が、その当日、ドル箱の青木を放すまいとする山崎は、彼を一室に監禁し、チエミは映画撮影がおくれて、出演時間にまにあわなくなる。しかし、出演者たちの熱演で時間をかせいでいるうち、彼らの先輩、芸能記者の三上が青木を救出し、チエミもまた際どいところに駆けつけて、彼らのデビュは上々となった。俊子と春彦、下宿の娘京子と青木の二組の恋人はこれでめでたく結ばれた。


解説

北田一郎と「アチャコ青春手帳第四話 めでたく結婚の巻」の蓮池義雄が脚本をかき同上の松林宗恵が監督にあたった。撮影は新人西垣六郎、音楽は「半処女」の大森盛太郎。「半処女」の片山明彦、安西郷子、「戦艦大和」の高島忠夫、「暁の市街戦」の三島雅夫、「残侠の港」の関千恵子などに、柳屋金語楼、古川緑波、大泉滉などのコメディアンや「薔薇と拳銃」に出演したジャズ・シンガアの新倉美子、シックス・レモンズのドラマア、フランキー堺、他に伴淳三郎、益田キートンや江利チエミをはじめとする歌手たちが司会・歌手の役で出演する。登場するバンドはシックス・レモンズ、ビッグ・フォア、ブルー・コーツ、チャック・ワゴン、東京キューバン・ボーイズ、クール・ノーツ(慶応)、東京六重奏団など。


配給
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年09月22日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
片山明彦後藤春彦
新倉美子浅井俊子
フランキー堺 (Franky Sakai)青木正二
安西郷子皆川京子
高島忠夫 (Tadao Takashima)田原
君島靖二杉本
小笠原弘野村
天知茂石川
柳家金語楼後藤金兵衛
古川緑波浅井良策
三島雅夫山崎権平
大泉滉安木
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)皆川夫人
関千恵子マダム由紀子
水島道太郎三上
田中春男森田
テイープ釜范片倉
伴淳三郎司会者
益田喜頓司会者
江利チエミ (Chiemi_Eri)歌手
高英男歌手
ナンシー梅木歌手
笈田敏夫歌手
ウィリー・ジェームス歌手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック