びっくり太平記

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

一代の名奉行大岡越前守在職中というのに花のお江戸の話題は、怪盗団鬼蜘蛛の跳梁振りに集中されていた。浅草山谷の裏長屋に住む駕篭かき渡世の勘八、源太は或る日松平千太郎なる若殿様を拾った。同じ長屋の幸之進は、兄を討ち名刀三日月丸を奪い去った仇を求めているが、同じ志を抱く嫂とは旅の半ばではぐれてしまっていた。家主五郎兵衛の娘お夏は男世帯の幸之進の面倒を何くれとなくみてやっている。此処吉原三浦屋では名代の小萩犬夫を口説こうと赤坂弾正、長崎屋十兵衛が通いつめているが、弾正の金づかいが越前の目にとまらぬ筈がない。実は弾正は幸之進の求める仇で、小萩を口説くと共に、松平家乗っ取りを策して千太郎を探していたのだ。或る夜幸之進は、あわや一命を奪われんとしている千太郎を見つけて、宿敵弾正にめぐり合うが、邪魔が入って取り逃し、かえって長崎屋殺しの嫌疑を着せられる。勘八と源太の証言で犯人は弾正一味の新三郎とわかるが、越前守は何故か新三郎を釈放した。越前配下の聖天の吉松、辰公の両名が新三郎の行く手を尾行するためである。吉松の報告で遂に弾正を首魁とする鬼蜘蛛団の本拠をつきとめ、馬上の越前を先頭に捕手多勢が化物寺へ向った時、そこでは千太郎、辰公、小萩太夫が火あぶりにあわんとしていた。幸之進はじめ長屋の一同も駈けつけ、三人は無事救われた。小萩太夫は幸之進の探し求めていた嫂だった。二人はここに仇討ちをとげ、幸之進は三日月丸を背に新妻のお夏と二人国表へ旅立った。


解説

「腕くらべ千両役者」の製作杉原貞雄(青春ジャズ娘)、監督斎藤寅次郎(かっぱ六銃士)のコンビになる喜劇映画で、「青春ジャズ娘」の蓮池義雄がシナリオを書いている。撮影は「かっぱ六銃士」の友成達雄。出演者は「次郎長一家罷り通る」の田端義夫。「青空大名」の堺駿二、大泉滉、横山エンタツ、「続々魚河岸の石松」の星美智子、「半処女」の相馬千恵子、「青春ジャズ娘」の小笠原弘、柳家金語楼など。


配給新東宝
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年10月27日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
田端義夫源太
堺駿二勘八
宮川玲子お梶
柳家金語楼五郎兵衛
星美智子お夏
桜井将紀金太
小笠原弘片貝幸之進
打田典子お初
大泉滉松平千太郎
横山エンタツ素ツ頓狂の辰公
益田喜頓阪東新三郎
阿部九洲男赤坂彈正
小倉繁長崎屋十兵衛
並木一路忠六
近衛十四郎市川主膳
坪内美子小ふじ
相馬千恵子小萩太夫
南寿美子おのぶ
花菱アチャコ大岡越前守
杉山昌三九聖天の吉松
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック