次郎長三国志 第七部 初祝い清水港

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

お蝶の百カ日が経ったら保下田の久六を討つといきまく次郎長一家を恐れて、久六は行方をくらました。明けて正月、大親分津向の文吉が島流しにあった時生れた喜代蔵少年は、次郎長に預けられ、子供乍らも丁半の修業に怠りない。次郎長が若い頃の兄弟分佐太郎と女房お徳は、借金のため夜逃げして来たのを大政が発見して連れて行き、次郎長は恩返しに清水で料理屋を持たしてやった。追分の三五郎は店に働く佐太郎の妹お町に心をひかれ、法印も女中おまんに惚れて通いつめ、仙右衛門の恋人おきぬもこの店に住込んでいた。母親のない喜代蔵はお仲を慕い、なぜ彼女が次郎長の女房にならぬかと言う。お仲は動揺したが思切ってその決心もできない複雑な気持で、大政の恋女房ぬいをつれてくると告げて旅立った。お仲は戻らなかったが、ぬいは武家屋敷を出て大政の許へ来た。そして彼女の礼儀正しい三指式の言動が乾分達を面喰わせた。お蝶の百カ日が来た。次郎長一家は河豚の手料理で大酒盛。三五郎と喜代蔵は久六を討ちに秘かに清水を出たが不審な旅人がちらほら清水へ向うのを見て再び引返した。次郎長一家は河豚の中毒で動けない隙を久六一味に襲われた。居合せた小松村の七五郎と女房お園を初め、ぬいや、旅から戻ったお仲と女達が大奮闘。そこへ引帰した三五郎と喜代蔵、更に江尻の大熊も参加して撃退したが、目ざす久六を又もや取り逃した一家は歯ぎしりして口惜しがった。


解説

「次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家」につづく次郎長三国志第七部。主なスタッフ、キャストは共通だが、新しく「幸福さん」の木匠マユリ、新人紫千鶴などが登場する。


配給東宝
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年01月03日より



スタッフ

監督
構成
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
小堀明男清水の次郎長
河津清三郎大政
田崎潤 (Jun Tazaki)桶屋の鬼吉
森健二関東綱五郎
田中春男法印大五郎
石井一雄 (Kazuo Ishii)増川仙右衛門
森繁久彌 (Hisaya Morisige)森の石松
小泉博追分三五郎
緒方燐作大野の鶴吉
山本廉小松村七五郎
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)島の喜代蔵
広沢虎造張子の虎三
久慈あさみ投げ節お仲
越路吹雪小松村お園
隅田恵子お徳
広瀬嘉子ぬい
和田道子おきぬ
紫千鶴お町
木匠マユリおまん
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)江尻の大熊
堺左千夫沼津の住太郎
千葉信男保下田の久六
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック