放浪記(1954)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

行商人の父母に連れられ各地を歩いたふみ子には、汚い木賃宿が思い出の故郷だった。昭和の初め浜松家の女中となったが、子守して読書したのが因で暇を出され、やむなく衣類の露店商いをする。それから女工となったが、重労働で病になる。同じ宿の苦学生松田は、彼女を優しく看護してくれたが、ふみ子に恋人吉村がいるのを知って離れる。病いの身をおして母のいる尾道へ帰っても、貧乏はまといついて彼女を苦しめる。吉村を訪れて結婚を迫ったがすでに彼の心は冷めていた。やがて彼女は大阪のカフェに勤めた。ふと書きなぐったふみ子の詩を認めたのは、劇壇の俳優中島文吾だった。これが縁で二人は結ばれ、東京で愛の巣を構えたが、生活の苦しさから彼女は再び女給となり中島は地方巡業に出た。初めて原稿料を貰った彼女は、喜びの余り旅先の中島を訪れたが、意外にも中島は女優秋子と情を重ねている事を知った。ふみ子には酒に酔いしれる女給生活が続いた。雨の激しい一夜、彼女はタクシーを中島と秋子の住む家にのりつけて恨みを述べようとしたが、目ざめてみると運転手篠田のガレージに寝ていた。そして荒っぽいが温かな篠田の言葉に激まされ、彼女は強く生きぬこうと心に誓うのだった。


解説

大川博が製作に当る林芙美子の同名小説の映画化。「女心はひと筋に」の八田尚之が脚色し「十代の誘惑」の久松静児が監督する。撮影は「続魚河岸の石松」の藤井静、音楽は「ママの日記」「日の果て」の斎藤一郎の担当。「この太陽」の角梨枝子が主演し、飯田蝶子、岡田英次、宇佐美諄、荒川さつき、「続々魚河岸の石松 大阪罷り通る」の星美智子、田代百合子、伊藤雄之助などが共演している。


配給東映
制作国日本 (1954)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1954年04月07日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
角梨枝子早瀬ふみ子
加藤順子子供時代
飯田蝶子子供時代の母
岡田英次 (Eiji Okada)中島文吾
宇佐美淳也篠田
伊沢一郎飯田
伊藤雄之助松田
多々良純熊本
杉狂児仙吉
船山汎吉村秋彦
小島洋々秋彦の父
瀧花久子秋彦の母
忍節子浜松夫人
荒川さつき加藤秋子
日野明子八重子
千石規子 (Noriko Sengoku)お由
星美智子俊子
田代百合子千代
岡村文子お兼婆さん
吉川満子大国屋の女将
上代悠司露店の顔役
逢初夢子売春婦お花
生方壮児主任刑事
皆川一郎公園のルンペン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック