花と竜 第二部

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和五年四月、東上した玉井金五郎は洞海湾六千の沖仲仕の生活擁護のため奔走するが、宿敵友田喜造に阻まれた。友田との険悪な空気は、彼が故郷若松へ帰って一層拍車をかけられた。若松民政党の幹部辻木の息子要之介と許婚の仲であり、しかも友田が仲人をとりもっている芸妓の光丸と金五郎の息子勝則が恋愛事件を起していたのだ。時あたかも市議選挙の前哨戦たけなわの頃であり、友田派は先ず玉井派の拠点日若座を焼打ちにし、一気に市会を独占しようと手段を選ばぬ運動を展開した。選挙は玉井派の惨敗に終った。勝誇った友田派は、祇園祭の当日尚も玉井派に喧嘩を仕掛け、勝則は乱闘の中で気を失ったが、光丸の介抱に助けられた。これを知った金五郎は、初め意地と体面から二人を許さなかったが、マンの助言で二人の祝言が挙げられた。だが友田派の圧迫は愈々厳しく、マンが男姿に馬を駆って夫を救い出す程の乱戦が繰り返された。全沖仲仕のスト指令が友田に妨害されて、遂に意を決した金五郎はささやかな宴を開いた。この宴には、光丸の相方の芸妓でお京の娘であるお葉も招かれた。お葉の告白でお京に対するマンの誤解もとけ、一切の懸念を拭った金五郎は、拳銃を懐中に友田の家へ向った。全沖仲仕の幸福の為友田を射殺する決心だったが、さすがの友田もこの決意の前には動かされた。かくて争議は解決した。再び活気を取り戻した洞海湾に今年も川施餓鬼の夜が来た。金五郎とマンの手から離れた卒塔婆には、お京の二字が書かれていた。


解説

脚本を橋本忍が一人で書いているほかは第一部と同じスタッフ。キャストも殆んど同様であるが、今回は「魅せられたる魂」の波島進、「この太陽」の船山汎などが新たに出演している。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年03月24日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
藤田進 (Susumu Fujita)玉井金五郎
神田隆井上安五郎
佐々木孝丸友田喜造
山本礼三郎般若の五郎
永田靖原田雪林
松本克平大庭春吉
山根寿子玉井マン
波島進玉井勝則
島崎雪子お葉
滝沢修 (Osamu Takizawa)吉田磯吉
船山汎辻木要之介
河村弘二藤本親分
沢田清栗山銀伍
高木二朗中山
石島房太郎辻木
津路清子辻木夫人
伊藤雄之助唐獅子十郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック