花祭底抜け千一夜

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ここ東京下町の“いろは横丁”の源七の魚屋は働きものの娘信のお陰で評判の店である。隣の八百屋善吉はキャバレーでアルバイトにトランペットを吹きながら通学する長男浩一を始め六人家族、最年少のトモ子は善吉の妹お葉の預りっ子だった。お葉はドサ廻りの女剣戟をしていたが、トモ子は烏沢商事社長の息子国隆との間に出来た子だった。二人の結婚を頑固に反対した社長も、国隆が早死した現在では、後継にトモ子の行方を求めていた。或る日トモ子は素人のど自慢大会に出場した事から、芸能社々長小池に見出され、少女歌手の名を馳せる様になったが、葉振りのよくなってきた善吉の女房おすみは隣の八百屋や善吉といさかう様になり、トモ子は却って淋しかった。久方振りに東京に舞い戻ってきたお葉の一座の伴作は、お葉の心情を知って、トモ子と会わせようと図るが、おすみが承知しなかった。しかし度重なる演奏旅行でトモ子が倒れ、重態の中で母の名を呼び続けるのを耳にし、しかも小池からは契約金を返せと迫られておすみは反省した。善吉の奔走でお葉はもとより島沢も魚屋一家も駈けつけた。かくて全快したトモ子は皆の愛情に包まれて明るく通学するのだった。勿論大好きな歌をやめることなく……。


解説

「娘十六ジャズ祭」の杉原貞雄製作になるジャズ喜劇で、「若様侍捕物帳 江戸姿一番手柄」の西尾正紀と賀集院太郎の脚本を、「初笑い寛永御前試合」の斎藤寅次郎が演出している。出演者はコロムビアの少女歌手松島トモ子、「初笑い寛永御前試合」のアチャコ、伴淳、金語楼、堺駿二、「娘十六ジャズ祭」の片山明彦、フランキー・堺などである。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年02月17日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
花菱アチャコ善吉
清川玉枝おすみ
片山明彦浩一
谷川映子清子
西岡タツオタツオ
松島トモコトモ子
堺駿二源七
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)お政
城実穂信子
目黒祐樹 (Yuuki Meguro)
古川緑波鳥沢
真山くみ子栄子
フランキー堺 (Franky Sakai)国彦
三原葉子らん子
益田喜頓小池
清水金一
尾津豊子山川ひとみ
宮川玲子ひとみの母
若宮清子玉枝
柳家金語楼阪東馬十郎
花岡菊子おしん
打田典子のり子
坪内美子大川葉子
森川信小馬
田端義夫市川千両
星十郎鶴家亀太郎
伴淳三郎若狭屋伴作
並木一路アナウンサー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック