濡れ髪権八

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

鳥取藩の足軽白井権八は土壇斬りの御前試合で優勝した藩士本庄助七を凌ぐ見事な腕前を示した為、士分に取り立てられる約束であったが、これを妬んだ助七の父助左衛門の横槍で取り止めになった。怒った権八は助左衛門を斬り捨てた上、匿ってくれた恋仲のお富津の兄津下友右衛門を追手と間違って斬り殺した事も気づかず料亭村雨を営む友右衛門の叔母を頼って京に上った。権八を慕うお富津は巡礼姿に身を変え京に向う道中、村雨を襲う助七兄弟と道づれになった。京に着いたお富津は権八と逃げ様としたが、無鉄砲に生き様と決心した権八は、お富津を振り切って独り逃れ去った。権八を打ち損じた助七兄弟はあてなき旅を続ける中に、美しいお富津を巡って争ったが、間もなく和解し、お富津は再び悲しい旅を続けるのだった。その頃、品川近くの鈴カ森に差し掛った権八は、雲助に襲われた旅役者を助けたが、雲助からは酒手を、役者からは助け代を取る程、ず太い人間に変っていた。江戸へ入った権八は賭場の用心棒をつとめて生活していたが、ふとした事から吉原の幇間桜川小善平と知り合い、吉原を見物中、花魁小紫を見染め強引に掛け合った。全盛を誇る小紫が権八などを相手にする筈もなかったが、権八の強引さに負け二人は別れられぬ仲となる。一方、江戸へ着いたお富津は或る夜、権八の居所を知った兄弟に引きずられて吉原帰りの権八を待ち伏せたが、助八は返り討ちに、助七は傷を負って逃げた。この時権八は始めて津下を殺した事を知り、お富津と語り合おうとするが、目明しの出現により再び別れる。目明しはその頃横行していた辻斬りの下手人を権八と睨む。兄の事を聞いたお富津は、“権八を討つ”と助七に誓う。或る夜目明し一味に襲われた権八は、小紫の裏切りを知り怒るが、無事お富津の許にたどりついた。“貴女と助七に討たれたい”と云う権八を見ては、お富津も愛情に総てを忘れ抱き合うが、既に背後には助七が助勢と立っていた。やにわに権八は自分の刀をお富津に持たせるとその刃へ自分の体をぶつけ、刀を抜き取るとお富津をも刺し、二人は折り重って息絶えた。その頃、小紫は権八からの最後の手紙に嗚咽し乍ら匕首を取り出していた。


解説

内外タイムスに連載された土師清二の原作を「慶安水滸伝」の鈴木兵吾が脚色、「お役者変化」と同じく大曾根辰夫、石本秀雄、鈴木静一が夫々監督、撮影、音楽を担当している。出演者は「家族会議」の高橋貞二、「日の果て」の島崎雪子、「ひよどり草紙(1954)」の嵯峨美智子、「お役者変化」の北上弥太朗、「若き日の誘惑」の大坂志郎など。


配給松竹
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年03月03日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
高橋貞二白井権八
瑳峨三智子お富津
島崎雪子小柴
北上弥太朗本庄助七
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)本庄助八
徳大寺伸津下友右衛門
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)白井庄右衛門
戸上城太郎本庄助左衛門
西田智仁礼兵庫之助
西川ヒノデ芸人松井源水
大坂志郎桜川小善平
浪花千栄子およし
近衛十四郎鵜飼の仁助
北見礼子村雨の女将
富本民平三浦屋惣右衛門
永田光男村山座の座主
桂小金治下っ引千太
永井広数雲助
保瀬英二郎蔵屋敷詰安倍
加藤秀樹蔵屋敷詰原海
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック