一等マダムと三等旦那

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

一等マダム浪路かもめと三等旦那海山千吉は、世間を憚る別居夫婦である。かもめは今をときめく人気スター。千吉はレストラン「並木亭」の支配人。たまたま、かもめの大阪行が決り、千吉は同行したいと頼むが、かもめは拒絶する。しかし折よく千吉の大阪出張が決り、奇しくも彼と彼女は同じホテルに泊り合せた。信吉は街で、嘘をついて帰郷していた「並木亭」の給仕ガール地図子に会った。地図子の姉の雛奴は忽ち千吉に惚れ込んでしまう。ホテルに押し掛けて来た雛奴と千吉の親しい様子を垣間見たかもめは、急にむかむかして来て、タクシーの運ちゃん宮本小次郎に、二人の尾行を命じた。小次郎は中々抜け目のない運転手であったので、かもめから重宝がられていたのである。或る日、千吉は旧友西川に巡り合い、料亭「一すい」に案内され、そこに雛奴を発見する。西川がふと、千吉は女房持ちだ、と洩らした事から、怒った雛奴は二人を伴って、かもめの出演している「メトロ」へ急行する。が、かもめは千吉を前にして、こんな人知らないわ、と白を切り、雛奴は胸を撫で下した。その後、かもめと千吉と、かもめの専属運転手となった小次郎が、相次いで帰京した。千吉は地図子に恋するようになった。そこへ雛奴が上京した。丁度その頃「並木亭」では、千吉の重役昇進を祝って、記者クラブのパーティーが開かれ、雛奴も来た。そこへ、遂に肝忍の緒を切ったかもめが駆けつけた。かもめは記者達の前で、この人は妾の夫です、と宣言した。かくして、かもめは“一等マダム”の、千音は“三等旦那”の異名を返上し、夫婦円満に元の鞘に収まったのである。


解説

「一等女房と三等亭主」と同じく原案並木透(若い瞳)、脚本松浦健郎(江戸城炎上)、監督小森白で、撮影は「青春ジャズ娘」の西垣六郎、音楽は「わが恋はリラの木蔭に」の服部正が夫々担当。出演者は「陽のあたる家(1954)」の轟夕起子、「坊ちゃん社員 前篇」の伊藤雄之助、新人光岡早苗など。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1954年04月13日より



スタッフ

監督
脚本
原案
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
轟夕起子浪路かもめ
伊藤雄之助海山千吉
光岡早苗清水地図子
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)宮本小次郎
利根はる恵芸者雛奴
多々良純西川
大泉滉隅田良夫
小川虎之助押野社長
三好久子小笠原龍子
杉寛千吉宅の爺や
児玉一郎ホテルのマネージャー
小倉繁中年のバーテン
鮎川浩新米のバーテン
小高まさるホテルのボーイ
西朱実女スリ
松本朝夫殿山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック