黒い罌粟

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

父定彦が住む家を大阪に建ててもらう条件で榊田良平に嫁いだ奈保子は、結婚間もなく若い寡婦となった。東京の榊田家には良平の妹康枝とその息子の和政が同居していたが、どちらも奈保子にとって好意の持てる人物でなかった。良平の告別式の日。奈保子は良平から恩顧を受けたと自称して式に参列した西沢圭一郎という不思議な人物からふいに求婚された。奈保子は女学生時代彼女の家庭教師をしていた香椎三平と、結婚前ほのかな感情を抱き合い、接吻を許した事があった。三平は現在、奈保子の親友桜井京子も勤めているラジオ日本の劇作家になっていた。良平の郷里の紀州へ奈保子と康枝は一旦帰郷するが、帰途西沢は又しても奈保子の前に姿を現わし、接吻を奪った。西沢は大阪に喫茶店を営むかたわら、密輸に手を出している人物で、北京から一緒に引揚げて来た酒場のマダムお浜は、彼に慕情を寄せていた。良平の遺書公開の日、彼が生前囲っていた印南フジが現われて、遺産分配を要求した。奈保子はこういう問題にわずらわされる事なく一人で働こうと決意し、京子の紹介で声優となった。三平は今も変らぬ心を打ちあけたが、彼を慕う北村理恵のため、彼女は二人を結びつけた。妹伴子が家出したので、奈保子は捜索を西沢に依頼した。初めて真実の愛情を感じかけがえない人の為に、西沢は自分の悪事を刑事に語り、代償として伴子の捜査を頼んだ。警察から送りとどけられた伴子と相抱いた奈保子の眼には、一人で生き抜いてゆく女の強い光が輝いていた。


解説

毎日新聞に連載された菊田一夫の原作より、「花と竜 第一部」の池田忠雄が脚色し、「春の若草」の原研吉が監督している。撮影は「恋愛パトロール」の森田俊保。出演者は「放浪記(1954)」の角梨枝子、「陽は沈まず」の三橋達也、小林トシ子、「君の名は」の川喜多雄二、「昨日と明日の間」の野添ひとみ等である。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年06月29日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
須賀不二男榊田良平
角梨枝子榊田奈保子
森川まさみ榊田康枝
田浦正巳榊田和政
沢村貞子榊田鶴代
川喜多雄二 (Yuji Kawakita)香椎三平
北竜二 (Ryuji Kita)国府定彦
野添ひとみ国府伴子
三橋達也西沢圭一郎
水原真知子印南フジ
小林トシ子桜井京子
由美あづさ北村理恵
山田真二川村真次
幾野道子お浜
山路義人宣伝部長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック